« バレンタイン第二段 | トップページ | 感動しました »

シーフードシチュー(失敗)

今夜はシーフードシチューを作りました。restaurant
が、失敗。ありえねー(汗)

大変お恥ずかしいですが、失敗画像載せます。自分への戒めを込めて

Dscn1541

青い点々がブロッコリーです、、、粉々です(恥)。シーフードもほとんど見えませんし(汗)。

シチューは市販のルーを使いました。ここのところシチューの連続ですが、他意はありません。単に、冷凍庫の中を整理したかっただけなんです(笑)。もうすぐ生協で待ちに待った(!)蟹の冷凍ものが来るので、冷凍庫を空けておきたかったのです。なので、生協で頼んだシーフードミックス(冷凍)を使うとなると、、、ホワイトシチューになったのでした。coldsweats01 (ちゃんと週単位で献立考えよーや)

シーフードミックス(いか、ほたて、エビ)を使ったので、シチュー自体は超簡単でした(ほんとそんなのばっかり…)。300gあったんですけど、すぐシュンとなっちゃいましたよ(しかし、便利でしたなあ)。

シーフードは余り熱を入れ過ぎない方がよいとのことで、最初に鍋で油で炒めて、取りだしました。そして、もう一度、頃合いを見て入れました。シーフードはまあよかったのですが、見ての通りブロッコリーを早く入れ過ぎて気がついたら粉々に!失敗だわ~。ああ、お恥ずかしい限り!bearing

シチューにはブロッコリーは残り5分くらいの段階で入れればよかったんですね。第一、一房入れたので、入れ過ぎでした(汗)。でも野菜嫌いの子供にはこんな風に食べさせればいいのかも、なんて思ってみたり(おい)。ちなみに、あと使った野菜は玉ねぎのみです。

シチュー、思いのほかけっこう残ったので、タッパーに入れて、冷蔵庫で保管します。明日はそれを使ってドリアを作るつもりです。とろけるチーズ、余ってるし。。。

シチューって2日に渡って使えるから、何気に経済的ですね。heart04 気に入りました(笑)。今度は失敗しないようにしなきゃ、ですね~(滝汗)。

--

シーフードを鍋に入れたとき、水が入って油が飛び散ったので、キッチンの壁を見渡してみたら汚れてる、汚れてる。。。bearing 力入れて、壁を磨きましたがな(汗かきました、まじで)。

キッチンって、油で汚れてるもんですよね~~。今まで見て見ぬふりをしてきましたが、そろそろ限界です(爆)。今夜、ちょっと掃除しましたが、まあだまだ(涙)。キッチンに限らず、部屋のいろんなところにほこりもすぐ溜まるし、掃除って大変。。。きれいにしても、またすぐ汚れるし、掃除ってきりがないですね~。泣けてくるよ。。。weep

|

« バレンタイン第二段 | トップページ | 感動しました »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ!
偶然にも、昨日の我が家の晩ご飯は、クリームシチュー。
夫婦揃って苦手なカリフラワーを使って・・・。
ブロッコリーは大好きなのですが、同じ値段で、新鮮さが
随分違ったので、日頃買わないカリフラワー手にとってました(笑
ブロッコリーは、茹で加減が結構難しいですよね。
でも、それも、きっとお腹の中に入っているので大丈夫。
ドリアが、また楽しみですね~。

投稿: うさうさ | 2009年2月17日 (火) 10時19分

>うさうささん、
うさうささんのお宅でもクリームシチューでしたか。ほんと偶然ですね。

カリフラワー!私恥ずかしながら使ったことないです(汗)。形はブロッコリーに似てますよね(笑)。でも似て非なるものと言いますか。。。余り食べたことがないので、よく分からないのですけどね。。。

ブロッコリーとか野菜全般、ゆで過ぎると、ビタミンとか壊れてしまいますよね。今度から気をつけます~。

投稿: coply | 2009年2月17日 (火) 18時42分

ブロッコリーはゆですぎるとこなごなになるよね。私は、昔肉じゃがにブロッコリーを入れていて、こなごなになっていたような気がする。

投稿: FUMIKO | 2009年2月20日 (金) 00時24分

>FUMIKOちゃん、
ねえ、ブロッコリーってゆでるぎるとこのごなになるのね。びっくりした。時間を見計らって入れるようにしないとだめだね。

投稿: coply | 2009年2月20日 (金) 12時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1021924/28146394

この記事へのトラックバック一覧です: シーフードシチュー(失敗):

« バレンタイン第二段 | トップページ | 感動しました »