« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

かぼちゃとトマトのスープ煮,だし巻き玉子の進化シリーズ

かぼちゃとトマトのスープ煮を作りました。
レシピは「大切な人に作りたい!はじめてのおかず」からです(いい年して、恥ずかしい表題ですが…)。

Dscn1429

このボロボロの本です。独身時代にボロボロにしたんです。。。(らくがきは当時幼かった甥っ子が書いたものです)結婚してからはとんとお世話になりませんでした(何やってんたんだか…)。

Dscn1807

我が家の定番メニューです。
最近、トマト系の料理が多いですが、ご容赦ください(笑)。
レシピは超簡単です。トマトは湯むきし、横半分に切り種を取ってざく切りにします。かぼちゃは面取りします。鍋に多めのオリーブオイルを熱し、かぼちゃを3分ほど炒めます。トマトと(水、コンソメ、塩こしょうしたものを合わせておく)を入れ、10分ほど煮込みます。で、出来上がり!ね、簡単でしょう。でも、オリーブオイルたっぷりで炒めたかぼちゃとトマトがコンソメスープとよく合ってコクがあって、なかなかおいしいんですよ~。

かぼちゃのベータカロチンにトマトのリコピンが取れて体にもいいですね!(カロチンは油と一緒に摂ると吸収されやすいですし)

でもでも、本当はこれにセロリを入れるんです!セロリ苦手な私はずっとこの簡易(笑)レシピで作ってきましたが、、、栗原はるみさんの本でもセロリをよく見かけるし、そろそろセロリ克服の時が来たか、、、と怖れてます(笑)。

ダンナに感想を聞いてみましたが、「うまいね~」と半笑いで言われました。。。どこまで本当なのか分かりません(爆)。「これ、新婚当初に作ったら『お店で出すのとひけを取らずおいしい』と言ってくれたんだよ!!」と言ったら「そんな昔から作ってったっけ…」とどこ吹く風です(笑)。

セロリ入りのも今度きっと挑戦しますね!!完成形はパセリも散らすんですが。。。(なんかどんどんお金のかかる料理になって行くな……爆)

でもでも、食後に私が「こんな(本が)ボロボロになってるのに、全然ダメだなあ…」と言うと、ダンナが「そんなことないよ、(最近)ちゃんと作ってるじゃん」と言ってくれました。私の中では、料理、まだまだ全然ダメダメなんですが、ダンナには“一応(?)料理してる”と映ってるらしいです(笑)。嬉しかったな、あの一言は。。。

--
だし巻き玉子、少し進化しました!(シリーズものかい!)

Dscn1808

いや、これでもまだまだダメなのは分かってますよ、はい。でも、以前のものに比べたら、ましになったでしょう~~?!(前のがひどすぎたというハナシもありますが 爆)
途中までは、焦げずに行けたんですよ。でも、最後の一枚だけ焦げてしまいました。今までは全て焦げ焦げだったから、途中までは、随分ましになったものだと感心していたのですが。。。
今回の勝因(ウソ)は、4回に分けて巻いたことですかねえ。薄く巻けば巻くほどやり易いような気がします。今までは、本通り3回に分けて卵液を入れていたので、一枚一枚が分厚くなってしまったんですよね。
それにしても、料理ブロガーさんたちの卵焼きのうまいこと。“卵焼きを見れば料理が上手いか下手か分かる”なんて聞いたことがありますが、本当ですね。私はまだまだです!頑張り甲斐が嫌でもあります(涙)。
だし巻き玉子の作り方のアドバイスがあったら、お願いします~。

--

メープルリーフクリームクッキーです。

Dscn1809

昨日、スーパーでちらりと見かけた一品です。私、こうゆうのに弱いんです~~。外国産のクッキー。外国産だからと言って美味しいと決まったわけではないんですが、異国情緒(笑)につられてしまいます。要はミーハーなんですね。
それに、このクッキー、カエデの葉の形をしていて、かわいらしいんです~。その辺りもツボです。heart01 (日本産て、そうゆう遊び心がないよね。。。ブツブツ)
メープルリーフクッキーが3枚入り。メープルリーフクッキーって、大量に入ってるのが多いのですが、3枚入りならちょっとつまみ食い(笑)したいときに最適かな~。
でも、このクッキーはイマイチだったですかねえ。前に梅田の成城石井で買ったDARE(デア)のメープルリーフクッキーの方が美味しかったです。DAREのメープルリーフクッキーは、オススメですよ!パッケージもカナダらしくてグッドです~。good

| | コメント (8) | トラックバック (1)

チキンソテーと野菜のトマト煮にさつまいものリゾットを添えて

チキンソテーと野菜のトマト煮にさつまいものリゾットを添えてみました。
チキンソテーと野菜のトマト煮は前日同じものを作ってますね。実は、前日作るときにさつまいものリゾットも作ろうと思っていたのを忘れてたんです。それで、さつまいもは残っているし、ナスなどの野菜もちょうどぴったり残ってる……ということで同じものを連続して作ってしまいました(パプリカは新調しましたけどね)。ダンナにも了承を得たんですよ(笑)。「同じもの作るけどいい?」って。「いいよ」とどうでもよさそうに答えてました(汗)。

Dscn1802

でも、今回は自分で言うのも何ですが成功しましたよ。そりゃ2日連続して作れば成功するだろうとの突っ込みはさておき。。。
前日は、水加減で失敗しましたが、今回はもちろん気をつけました。やっぱり水はレシピ通りがばっちりですね!やっぱり前回のは水加減、あれでいいかもなんて言ってましたが、だめですね~。今回はちょうどよく出来上がりましたよ。

さつまいものリゾットがこれまた水加減が難しくて、、、作り方は超簡単でコンソメスープに四角く切ったさつまいもを入れて柔らかくなるまで煮て、ごはんを投入して、しばらく煮て最後に生クリーム少々と塩こしょうで味付けです。しかし、ごはん投入の段階でもう水気がなくなってしまってですね。。。仕方ないので水を少し足して、それでも煮込むと焦げそうだったので、ちょっと火にかけただけで。なんか上手くいかなかったのですけど。これも慣れなんだろうなあ。そうそう、トマト煮とリゾットをちょうどよい時間に作れなくて、タイムラグが空いてしまったので、リゾットが冷めてしまいました。この辺は手際の良さを要求されますよね。。。

お味の方は……さつまいものリゾットが冷めてたと言え、思いのほかおいしかったです。これだけ単品でも食べていたいくらい。そのリゾットとともにチキンソテーと野菜のトマト煮を一緒に食べるんですが、さつまいもの甘さとトマト煮の野菜が想像以上にベストマッチング。野菜もゴロゴロ入っていて食べ応えがありましたし、チキンもカリっとジューシーだったし、リゾットのやさしい味わいで、こころもお腹も(笑)満たされました。私がこれまで作った料理の中では、かなりの合格点ですかね。ま、自画自賛ですね。。。恥ずかしや。

やっぱり、栗原はるみさんのレシピはいいですね。ちょっと手間がかかるときもありますが、基本的に簡単でかつおいしくできる。レンジトマトソースも気に入りましたし、このトマト煮もとても気に入りました。我が家の定番料理にしたいです。

--

ダンナに料理を出してから聞くのを忘れていて(ダンナ、食べるの速いので 汗)食べ終わった直後に慌てて「どうだった?」と聞いたら「おいしかった」といつものように一言。
……今回はちょっと突っ込んで聞いてみましたよ(笑)。「どうゆう風においしかった?」ダンナ「どうゆう風にって……おいしかった!(それ以上言いようがあるか、みたいな感じ)」でした。細かい感想はやはり求めちゃいけないようです(笑)。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

チキンソテーと野菜のトマト煮

チキンソテーと野菜のトマト煮を作りました。参考にしたのは栗原はるみ著「たれ・ソースレシピ」です。画像がぶれてます、ごめんなさい。

Dscn1800

これ、以前作った「チキンのトマト煮」の栗原はるみ流ですね。以前の記事にも、栗原はるみのレシピで作ってみたいと書いてました(すっかり忘れてましたけど 汗)。以前作った「チキンのトマト煮」は本当に簡単なレシピという感じですが、栗原はるみのはトマトソースから作るので(と言っても、前回書いた通りレンジで作るお手軽なものですけどね)少々手間をかけましたという感じですね。

レンジトマトソースはレシピでは、にんにく、玉ねぎのみじん切りにオリーブオイルをかけてレンジで4分なのですが、私は早くできるかも、と思って600wで3分半でやってみたんです。そしたら、ダメダメ!焦げちゃいました。さい先悪し。仕方ないので、もう一度みじん切りして作りなおしました。今度は500wで4分加熱。そしたら、なんとか食べられるものはできたけど、前はもっと上手くできなかったっけ(?)てなものができて。なんでかな??で、トマトホール缶を入れ、また加熱し、コンソメと塩こしょうで味付けです。

レシピでは鶏肉は一枚を半分に切って焼くとありますが、時間短縮の為(食べやすさの為もあります)一枚を6つに切り分けました。そちらをフライパンでカリっとジューシーに焼くのですが、今回は割合うまく行ったかな(自画自賛…)。

野菜は、ナスとピーマンとパプリカ。本当はこれにセロリとにんじんも入れるのですが、セロリはどうも苦手なので割愛(使えたらもっといろいろレパートリー増えるんだろうけどなあ)。にんじんも25gって入れても入れなくても分からないんじゃない(?)と思い、割愛しました。。。パプリカも本当は2種類必要だったのだけど、1種類のみ。パプリカ、高いのに2個も買ってられません(今日安いのが出ていたけれど)。本当はレシピ通り材料を揃えるのが基本なんでしょうけど、諸所の事情から(なくても成り立つとか、要はオカンな話なんだけど 爆)材料を省くのは、仕方ないかなと思っています。

野菜は基本的に四角く切って、鍋にナスから炒めます。その後、それ以外の野菜を入れて炒めます。最後にレンジトマトソースと水とコンソメを入れ、焼きあがったチキンも入れてひと煮立ちさせます。

本を読んでいると、どの段階でチキンに火を通すのかはっきりと書かれてないので、私はしっかり火を通した段階で、最後にサっとトマトソースや野菜と混ぜ合わせるようにしました。

そーれーが!レシピは4人分なのですが、2人分のレシピに慣れている私は間違えて、水とコンソメを4人分入れてしまいました!「これは失敗か??」と思い、水分が飛ぶようにけっこう煮込んでしまいました、、、けれどなんとか大丈夫だったかな。途中塩こしょうしてしょうゆも小さじ1入れたら、味がすっかり濃い目になってましたが。。。

本当はもっと水気のないトマト煮だったんだと思いますが、今回のは今回ので、それなりにできました(と、思う 汗)。

さてさて、肝心のお味ですが。。。
チキンは、パリっとこんがり焼けていて、まずまずの出来(自画自賛…)。トマトソースはちょっと味が濃い目ですが、許容範囲です。でも、やっぱり水気は多かったな。野菜が、ピーマンとかそんなに好きではない方ですが、ぐいぐい食べられます。これはやはりトマト煮のおかげなんでしょうね~。

栗原はるみのレシピだと、前の簡単なレシピよりは手はかかりますが、やはりおいしいと思います。

--

ダンナが帰宅し、レンジで温め直して出しました。なにか話していて、あやうく料理の感想を聞くのを忘れるところでした(汗)。はっと気づき、「どう?」と聞くと「おいしい」。いつもの組み合わせです(笑)。それ以上は聞きませんでした(笑)。しつこく聞くとケンカのタネになりそうなのでね。ハハ。。(乾いた笑い)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

鶏肉のケチャップチーズ焼き

鶏肉のケチャップチーズ焼きを作りました。かめきちパパさんのレシピです。レシピはこちらからどうぞ。

Dscn1797

フォト、、料理を2人分に分けてしまったし、私の分はつまみ食いをしたのでちょっと減らしたので、お皿に乗ってる分が少ないですね。ちと寂しいかな。何よりおいしそうじゃないですね(滝汗)。どうゆう料理かよく分からなくなってしまってますなあ。

これ、けっこう時間がかかりました。私の手際の悪さが原因だと思いますが、それでも20分じゃできませんよ~~心の叫び>かめきちパパさん)。それと、簡単だろうと思ってました(すいません…)。甘かったです。

鶏肉に小麦粉まぶして、焼くのがかなり時間がかかりました。カットしてある鶏肉を使ったのですが、大きめだったんですよね。焼くだけで20分近く費やしたんじゃないでしょうか??それでも、ちょうどよい焼き加減でしたよ。こんがりきつね色で、ジューシーでした。ついついつまみ食いをしてしまったほど(笑)。

鶏肉を焼いた後、フライパンが汚れたので洗い直しました(これも想定外 必要ないでしょうか??)。洗ったフライパンで野菜を炒めて(ここからは早いはずです 笑)なかなかパプリカがしんなりしてくれないので、ちょっと炒めすぎたきらいがありますが、それから鶏肉を入れて、ケチャップソースをあえて、チーズを余熱で溶けさせて、できあがりです。

とろけるチーズ、ヘルシーかなと思って脂肪分30%カットというのを買ったんですが、やっぱり一長一短でしょうかね~。なかなか溶けてくれない。溶けたあとも、チーズ同士で固まってしまって、食べるときにとろ~りしてくれない(泣)。やっぱり普通のとろけるチーズを買った方がいいのか。。。迷うところですよね。

味は、まあまあでしょうか。チーズが入っていたので、確かにチーズに当たると(笑)コクが感じられておいしかったですよ。固まっていましたけどね(泣)。それと、やはり火を通しすぎでしたかね。フォトでも分かると思うのですが、ピーマンがしんなりしすぎてますね。味付けはさすが師匠、バッチリでしたよ。ちょうどよかったです。

ダンナに聞いたら「おいしい」でした。「どこら辺がおいしい?」と聞こうかと思いましたが、やめました(笑)。しつこく聞くと嫌がるかなあと思って。

炒め物なので、簡単だと思っていたんですけどねー、ちょっと手こずりました(汗)。また作ったら、手順が分かってるので、もっとおいしくできるかもしれませんね。また、リベンジか?!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

野菜と海老の天ぷら

天ぷらを作りました。

Dscn1796

野菜と海老の天ぷらです。野菜はピーマンとかぼちゃとさつまいもです。具材の種類が少ないですね。。。

天ぷらって久々に作りましたが、簡単ですね。でも後片付けがちょっと面倒くさいかも。最近は「コツのいらないてんぷら粉」なんか出てて、私も実家で使ってサクサクにできあがったので「これはいい!」と思ってたんですが、今回はあえてそういった規制品を使わず、料理本通りのレシピで作りました。衣、2人分じゃ少ないよなあと思い4人分で作りました。卵1個に冷水足してカップ1,小麦粉ふんわりでカップ1ですね。

海老って下処理がちょっとめんどいですよね(って私だけかな??)。かつ、ちょっとキモい。ブラックタイガーを使ったんですが(安かったので 笑)ちょっとキモかったです。ダンナも「だって、海老って虫でしょう。見れば分かるでしょう」とか言うんですよ。やめてくれ~!でも「主婦はそんなことを気にしてられーん!」とがんばってみましたよ(笑)。

油が一度使ったものだったので、気になったのですが(少なかったので新しい油も足しましたが)、なんとか大丈夫だったようです。海老は随分前から買ってあって(本当に随分前…冷凍庫の中で眠ってました…)いつか天ぷらをしなきゃと思ってたんですが、さつまいもが安くなってたので、決行しました。それでも、さつまいもを買ってからちょっと日が経ってしまいましたが。。。重い腰だったんだなあ。。。

野菜はすぐに揚がりますね。味見しながら揚げてたんですけど、かぼちゃって、天ぷらにしたの初めてですが、おいしいですね!ちょっとした発見です。さつまいもは元のさつまいもがイマイチなせいか(そんなせいにするな?)普通でした。ピーマンも揚げ、最後に海老を揚げました。見事に丸まってしまいました(笑)。切りこみを入れたのですが、だめだったようです。

写真、1人前なんですよ。多いでしょ(笑)。でもね、衣がさらっとしてたせいか、これがサクサクっと食べられちゃうんですよ(汗)。衣、油ぎとぎとにはならず、それなりにサクサクしてました。上出来~と言うほどのものではないですけどね(笑)。でもまあこんなものかなあという感じです。

実は、今回は塩でいただいたんです。天つゆを用意してなかったの(大汗)。作るスタートが遅かったので、もう天つゆ作るの面倒くさいーとのことで塩にしちゃいました。要は手抜きですな。

でもでも、天つゆっで食べるのもおいしいですけど、衣のパリパリ感がなくなっちゃうじゃないですか。塩だと、パリパリ感も楽しめるので、いいですよお。

大阪出身のダンナに塩で出したら、「塩は関東」とか言ってましたけど、ウィキペディアによるとそんなこと書いてないですねー。しかし、この天ぷらの量には驚いたようで(笑)「この家ではときどき(食べもんが)大量に出るよな」と言ってました。ハハ。。それでも、ちゃっかり完食した上に、納豆まで食べてましたが。。。

で、「どう?」と聞くと「おいしい」でした。レンジにかけるとべちゃっとしてしまうかなと思い、冷めたままだしたので「これ温めないの?」と聞かれましたが、、、冷たい天ぷらなんておいしくなかったかもね。。。やっぱり「おいしい」はお世辞か??(爆)

そう、海老の解凍をしてしまったので、昨日しか作れなかったんですよね。今日(土曜)に作れば、揚げたてを出せられたのにな。ちょっと残念でしたかね。

ともあれ、個人的には、天ぷら気に入りましたよ。たまには揚げものも食べたいですからね。それなりに満足しました。ごっつあんです!

追記:そうそう、思ったのですが、衣、2人分でも4人分でも卵は1個で作ると書いてあるんですけど(その分4人分だと冷水の量が多くなるのですが)それなら4人分のときは卵2個にしたらどうなんだろうと思いました。どうなんでしょうね??衣の質感などが変わるんじゃないかと、ちと期待しているんですが。。。懸案事項です(笑)。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

タイカレー グリーン(無印良品)

タイカレー グリーン(無印良品)を作りました。

Dscn1794

画像見えにくくてすみません。
これまでにも、イエローレッドと作ってきましたが、グリーンは初めてです。無印では、イエロー<レッド<グリーンの順に辛くなってきます。グリーンは“激辛”になってますよ(笑)大丈夫でしょうか~。

Dscn1795

できあがりはこんな感じです。調理法は、今まで書いてきたので省きますね。材料は鶏肉と筍(水煮)としめじだけ。とにかく簡単です。普通のカレーよりも簡単です。ラクしたいときにはとっておき(!)の一品です(爆)。

前にも書いたんですが、無印のタイカレーって、レトルトも食べたことあるんですが、そちらは確かにレッド辺りから辛くなってきて、グリーンはかなりの辛さ。でも、前回の手作りキットのレッドは辛くなかったので、今回のグリーンもさほど辛くないだろうと見込んでいました。

食べてみましたが……ちょっと辛かったかな。でも、レトルトのとは比べ物にならないくらい、辛くはないです。なんででしょうね?でも、手作りキットの中では、確かに一番辛かったな。ピリっと来る感じ。私は余り辛いのは得意ではないので、やっぱりイエローやレッド辺りが好きですね(お子ちゃまなのです 笑)。

でも、この無印良品のタイカレーのシリーズ好きですね。ナンプラーとかココナッツパウダーとか、普段家にないものが揃っていて(ナンプラーは家に常備されてる方もいらっしゃるでしょうね ウチにはないんです 笑)手軽にタイカレーが作れる。しかもおいしい。これはヒット商品ですよ!いつまでもなくならないように、皆さんも買いましょう!!(爆)いや、無理にとは言いませんよ、はい。。

ダンナがまたいつものように夜遅く帰宅したので、レンジで温め直して出しました。またいつものように「どう?」と聞くと、「うまい」と言ってました。どうやら「おいしい」と「うまい」の間に温度差があるような感じです(笑)。カレーとか鍋とか単純、かつダンナ好みなときに「うまい」と言うような気がします。。。(あくまで私見です 笑)カレー好きな男の人ってきっと多いじゃないですか。ダンナも“ガっつける感じ”が「うまい」に繋がったんじゃないかと推測します(考えすぎでしょか??笑)

あーー、ひとつ注文を付けるとしたら、筍を他の何かに代用できたらいいかもと思います。何がいいだろう??思いつきません。。。エリンギとか、きのこで揃えるのもいいかしら?……何かいいアドバイスがあったら、よろしくお願いします。m(_ _)m

追記:「関心空間」を読んでいたら、ナスやトマトなどがいいみたいですね。しかし、筍は必須とも。それにしても、昔は210円だったんですね~。今は294円ですよ。ぼったくりですかね(爆)。値上げしすぎですよ。まあ、余り文句も言えませんが。。。これ以上値上げしたら暴れてやる~~(大爆)。

--

| | コメント (6) | トラックバック (1)

レタスのオイスターソースがけ+「ありえな~い」

いつもお洒落で料理雑誌から飛び出したような記事を載せてらっしゃるまゆみさんの素敵なブログ「スバラ式生活」。そちらから、「レタスのオイスターソースがけ」を参考に作ってみました。

Dscn1790

なんだかまゆみさんのフォトとは全く違うんですけど(滝汗)。
でも、一応レシピ通り作りました。あ、レタスは1~2秒じゃなくて、随分ゆでちゃったかな。。。

レタスはゆでるので、しんなりしてたくさん食べられます。ゆでても、シャキシャキ感は残っています。タレがオイスターソースベースなんですが、これがおいしいです~!画像だと、かけすぎみたいですが、ちょうどよかったですよ?!レタスのシャキシャキ感にオイスタソースのタレが絡まって「これは旨い~!」の一品です。

ダンナもおいしいと言ってましたよ~。まゆみさん、サンクスです~!

--
ありえないことが起きました。。。

Dscn1791

一見普通の(?)豚肉の生姜焼きですが。。。
すっごく辛かったんです!!
豚肉の生姜焼きで失敗するなんてありえな~い!!(私ならあり得るか?爆)
肉の量が本のレシピの1.5倍だったので、調味料も1.5倍にしたつもりだったんですが、、、しょうゆをもしかして小さじを大さじに間違えたとか??それくらいしか考えられんです。。。そもそも豚肉の生姜焼きを本見て作ってるのか、というツッコミも聞こえそうですが(爆)。
以前は普通に作れたんですけどね。。。
それにしても、あの近所のスーパー、生姜焼き用の肉がまずすぎです。いつも安売りのときに買うんですが、余りに素材が悪すぎる。。。もうちょっと値が張ってもいいから、美味しいものをと思うんですが、見つからないんですよね。
美味しい肉が手に入ったら、またがんばってみます~(泣)。

ちなみに、ダンナに「辛いでしょ?」と聞くと「別に辛くない、普通の生姜焼きの味でしょ、塩味だよね」と言うので「塩味じゃないっ、しょうゆ味……」と答えました。あの生姜焼きが辛くないなんて、異常な味覚ですよ(爆)。
ほどなく「ん、しょっぱいかな」と言っていて、少し安心しましたが。。。大丈夫かいな。

……あんなもの食べてたら高血圧一直線の生姜焼きでした、、、反省です。またリベンジしなきゃならないのか。。。(爆)

| | コメント (6) | トラックバック (1)

豆腐のステーキ(とろろあん)・リベンジ

かめきちパパさんレシピの豆腐のステーキ(とろろあん)を再度作りました。前回のリベンジです!前回のはこちら。ぼろぼろです。。。

今回は、、、

Dscn1785

前回よりはマシになったでしょうか。。。でもでもっ、色がアレですねっ(汗)。しょうゆを入れたら、こんなになってしまいましたが……師匠のとろろあんは白っぽい。なんでこうも違うんだろう??(泣)

今回は、かめきちパパさんの貴重なアドバイスを参考に作ってみました。お皿とラップの水切りも分かりましたよ~。豆腐は小麦粉もきちんと付き、フライパンで焼きましたが、おおかたちゃんと焼けたかな。豆腐ステーキだけで言うと、前回よりは随分前進しました。よしっ。

とろろあんは、上記の通り、しょうゆを入れたらグっと色づいてしまったのですが、、、仕方ありませんね。とろろあんは、本当にちょっと火を通すだけでいいのですね。温まる程度とのことで、気をつけたつもりですが、それでも鍋底はちょっと固まっていました。卵が入っているので固まるんでしょうね。

今回は、食器もグラタン皿を使ってちょっとかっこつけてみました(>え?どこが?笑)。

味はちょっと辛かったなー。しょうゆ味が濃くて。もうちょっと薄くてもいいかなあと思いました。とろろが少なかったのかな?豆腐にかけて食べた後、残ったものをご飯にかけたらおいしかったですよ~。

オットに「どう?」と聞くと「おいしい」と。なんだかいつものパターンになりつつありますね(汗)。こっちから聞かないと何も言わないし、聞くと毎回のように「おいしい」だし。。。毎回同じパターンでちょっとなあと思うのですが、贅沢でしょうかね~。「ちょっと辛いでしょう?」と聞くと「そんなことない」と言ってました。

--
Dscn1787

これ、何に見えます??きれいでしょう~?
答えは「梅豆腐」。スーパーで買いました。長いも仕立てとあります。長いもづくしです(笑)。これはおいしそう~と息荒げて食べてみたんですが、、、「味が濃い~~!」。梅の味がするのは分かるんですが、お酢も入っているのですけど、とてもしょっぱいんです。これはおいしくなかったな(汗)。オットも「これはしょっぱい」と言ってました。一応、味は分かってるんでしょうか??(爆)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

外食(お好み焼き)

日曜日は 鶴橋 風月 へ行ってきました。

我々が頼んだ品々が来ました。まずこちら。

Dscn1779

塩そば(小)です。焼きそばは定番のソース味から、キムチ入りの焼きそば(ポッカそば)など、いろいろと揃ってます(詳しくはお店のHPのメニューから見てくださいね)。私は、この塩そばが好きなんですよ。一度ソース味も食べたんですが、やはりこちらがおいしい。さっぱりしています。いかがたくさん入ってました。あとは、キャベツにもやしと。えびは一つだけ(笑)。卵入りの太めの麺が旨いです。

ようやくモダン焼きが焼けてきました。

Dscn1781

というか、もう焼きあがってます(笑)。店員さんがマヨネーズとソースをかけるところまで、最後まで作ってくれます。

Dscn1782

こちらが私が頼んだ、えび玉モダン焼き(レギュラー)。青のりをたっぷりかけていただきます。

今回、店員さんが作るモダン焼きをじーっと(笑)見てたのですが、お好み焼きの生地にたっぷりのキャベツ!まるでキャベツが生地という感じでした~。これにはびっくり。キャベツたっぷりの中に卵が1個くらい入っていて、もちろん生地は入ってるのでしょうが。。。生地は、キャベツをくっ付ける接着剤代わりくらいの役割なのでは、という感じです。家で作ると、生地の中にキャベツ投入、という感じなので、ほへーと思いました。

ちなみに、私はいつもえび玉モダン焼きなんですよ。けっこう大きいえびが4尾ほど入ってます。値段的にもお財布に優しいですしね(笑)。ダンナは余りそうゆうことを考えないセレクトです、いつも。。。

ここのお好み焼き(と言うか、他のお店は知らないのですが…)はかつお節をたっぷりかけるのですが、かちかちに固まるので食べるときに切りずらくて。何度も行ってるのに、未だになかなか上手く食べられません。味はやはりソースが決め手でしょうか。甘めのソースです。卵がたくさん入った生地なので、ふんわり柔らか。

お好み焼きも食べたことはありますが、やはりイチオシはモダン焼きです。これまた卵がたくさん入った麺がなんとも旨いンです。

鶴橋 風月は、西は福岡、北は北海道まで進出してるんですね。関東にも進出してますよ。東京中心に数店舗あります。店舗名を「わっはっはっ 風月」や 「Kirara 風月」など、変えてるところもありますね。東京で「鶴橋」と言われても分かりませんからね(笑)。私も、こちらに来るまで鶴橋なんて知らなかったですし。。。

近畿はさすが、大阪を中心にたくさん店舗があります~。なかなかおいしいお好み焼き屋さんですから、見かけたらぜひ食べてみてください(お店の回しものでもなんでもありませんよ~笑)。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ほうれん草とベーコンのパスタ

ほうれん草とベーコンのパスタを作りました。なんだか見た目、寂しいですが……。

Dscn1778

これ、実は「ほうれん草とじゃこのパスタ」のはずだったんです。一度、作ってます。その復習に、、、と思ったのですが、じゃこを入れようとしたところ、買っていたのが賞味期限が切れているしらすだった!全然気付かなかったです~(汗)。大体、しらすとじゃこの違いも分からなかったのね(汗)。しらす、特売で105円だったのですよ、でこれはいろいろ使える~と買ったんですが、、、じゃこと間違えてました(爆)。で、入れようとしたら明らかに臭いがする。おかしいなーと思ったら、しらすで賞味期限も切れてたんですね(滝汗)。

なので、仕方なくじゃこ抜きのパスタに変更です。。。ベーコンは生協で冷凍でカットしてあるものを使ってるんです(もうなくなるけれど)。便利なんですよ。ベーコンて、一度買うと3つくらいパックになってて、消費するのに困るんですけど、冷凍なら使いたいときにパっと使えます。カットの仕方が雑なのが難点なんですが、それはご愛敬と言うところで、まあ許しましょう。

前回はしょうゆ大さじ2が味が濃い~とか言ってたんで、今回もためらったんですが、入れちゃえ~と後先考えず(笑)入れてみましたが正解でした。前回はなんで濃かったんだろうな?今回は全然OKでしたよ~。ちょうどよかったです。

ほうれん草は、「京のほうれん草」というのが198円で安くなってたので買ったのですが、1株が少ないので、4株使いました。それでも、少ないくらいですかねー。

えとね、おいしかったですよーー。オットに「どう?」と聞くと(聞かないと何も言わないので)「うまい」と一言もらえました。よっしゃ!その後も、おいしかったので「おいしいねー」と言うと「おいしい」と返してました(笑)。食べ終わった後も、私が「おいしかったー」と言うと「うむ、おいしかったね」と。3度もお言葉(笑)頂戴しました。これはめずらしい。オットは自称「パスタ好き」ですからね。で、単純ですから(食に関しては、ですが……汗)。

和風パスタですが、しょうゆ味が効いておいしいですよ。作りたくなった方はかめきちパパさんのレシピにレッツ・ゴーです。heart01

| | コメント (10) | トラックバック (0)

今日のお花

今日のお花。

Dscn1775

バラです。きれいだわあ。

土曜は月命日(関西にはこの風習があります 私も関西へ来て初めて知りました 毎月命日近くにお経をあげてもらいます)だったので、お坊さんがいらっしゃいました。

その前に、「花がないじゃないか」と気がつき(正確に言えば、花がなかった訳ではなく、次々と花開いていたマーガレットがもういい加減枯渇してたんです)お坊さんが来る前に花屋へ走りました。run 

いろいろな花が並んでました。花って、よ~く見るとグロテスクなものもあるんですよね。花だからと言って全てがきれいなわけじゃない。そんな中、パっと目を引くものが。バラ。shine やはりバラは美しいですね。これで298円、お値段も手頃。moneybag

でもね、このバラ、もう形が崩れかかってます。。。あんまり花の命が短すぎるのも考えものですね(泣)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

絹さやとプチトマトのオープンオムレツ風

絹さやとプチトマトのオープンオムレツ風を作ってみました。と言っても、レシピはかめきちパパさんの「絹さやと鶏肉のオープンオムレツ」を参考に、簡略化…させていただきました(笑)。

Dscn1770

なにせ、絹さやが大量に残っているので。。。そこで困ったとき(困らないときも)のかめきちパパさんです。そういえば、絹さやを使うレシピを公開してた(!)と探しました~。

かめきちパパさんのレシピですと、鶏肉やマッシュルームを入れるのですが、私は家にあるもので割愛。。。ベーコンとプチトマトで代用です。それと、トマトピューレも必要なのですが、家になかったので、こちらもナシで、ケチャップのみ。大幅に手抜きかな、ごめんなさい。m(_ _)m でも参考にさせていただきました、ありがとうございました!

私の簡略化メニュー簡単なレシピを書きますね。
絹さややプチトマトを先に炒めて香りづけしておいたにんにくと一緒に炒め、取りだし、卵4個(私のはたまたま大3個)に少量の牛乳を加えて混ぜ、フライパンで焼いて、取りだします。……しかーし!この、なんてことはないと思われるオープンオムレツが失敗しかかりそうになってしまって!なんかフライパンから離れない??しっかり油引いたのに?にんにくを炒めた欠片が残ったのをそのまま使ったのが悪かったかなー?これは、またもや画像禁止の代物ができるのではっ、とドキドキしましたが、なんとかフライ返しを動員してお皿に盛ることができました。。。ぜいぜい。。。

で、そのオープンオムレツの上にパセリのみじん切りとケチャップを混ぜたものを塗り(本当はここでトマトピューレを使います)、先に炒めておいた絹さやとプチトマトとベーコンを乗せて、パルメザンチーズを振ります。で、余熱しておいたオーブン250℃で3分焼きました。

で、これ、取り分けるのもタイヘンでした。。。切って、オットの分だけ別の皿に取ろうと、えいやっと取り分けたんですけど、うわものがスリップしてしまったりして、見せられる代物じゃございやせん(汗)。

味は、、、まあまあです。見たまんまの味です(笑)。ケチャップの味が優しいです。オットに聞いたら「おいしいよ」と言ってましたが、どこまでホントか。。。(爆)

--

しかし!びっくりしたのは、昨日焼いたさばがすんごく不味かったことです~~。スーパーで切り身小2枚分が105円になってたので、喜んで買ったのですが、いやーまずかった。家では冷凍庫に生協の氷温さばというのをストックしていて、たまに食べるのですが、それはとても美味しいんです。同じさばでも、こんなに違うものかとびっくりしました!この前の明太子いわしもそのとき一緒にセールしてた品でしたが、特に普通だったですけどねえ。
てか、オープンオムレツとさばという組み合わせを出してる時点で(違った意味で)びっくりかもしれませんが。。。┐(´-`)┌

| | コメント (6) | トラックバック (0)

肉じゃが

肉じゃがを作りました。家庭料理の定番ですね。にも作りましたが……。同じものを作った場合、タイトルを“2”とかつけようかと迷ったのですが、いいです、そのままで行きます。。。

今回使った本はこちらです。

Dscn1768

今更ながらに恥ずかしい、、、「基本の和食 とりあえずこの料理さえ作れれば①」です。前回使った本とは別のものを使ってみました。今まで、肉じゃがは適当に具材を放り込んで、しょうゆ・みりんで味付けてましたが、本をちゃんと読んで作るとそれはそれで、満足感が得られますね(笑)。

本が違うだけで、まず、野菜の切り方が違うんですねえ。例えば、前回はにんじんは乱切りですが、今回は何切りと言うのかな(?)要は(笑)↑の表紙のような切り方になってます。これは、気に入りました。きれいに見えるし、火も通ります。また、玉ねぎも違いました。前回は、繊維に直角になる形で1cmくらいで切っていったのですが、今回は、櫛切りのような形です。玉ねぎの切り方は前回の方が好きかなあ。

で、できたのがこちらです。

Dscn1767

おいしそうじゃないでしょ~(汗)。なんか汁もちゃぷちゃぷで。。。そう、今回の本は白滝を入れるレシピだったので、気に入りました。白滝を入れるとおいしいんですよね。。。それと、いんげんの代わりにきぬさやを入れてみました。単に彩りの為だけです(笑)。でも、緑を入れるとパっと華やぐものですね~。。

汁はちゃぷちゃぷですが、この本通り作ったらこうなりました(言い訳じみてます??汗)。なんか味が沁みてなくて私的にはイマイチだったかな。前の方がおいしかったような。。。

しょうゆ・みりん・砂糖の配合は3:2:1です。前の本は3:1:1だったかな。しょうゆ味が効いてました。今回のは、みりんが多い分、まろやかな味でした。でも、私も我流だとしょうゆ・みりんは1:1ですね。砂糖は今まで省いてましたが、入れた方がいいらしいです。

野菜の火の通り具合はちょうどよかったです。柔らかすぎず硬すぎず。これで味が沁みていたら、言うことなしだったのですが。味に深みがないというかね。

肝心の(笑)オットの反応ですが、私が「今回の肉じゃがは余りおいしくないよ」と言うと、「いや、うまいよ」でした。オットが食べた頃には、時間が経って味も少しは沁みていたのかもしれません。

それにしても、肉じゃがっていいですよねーー。簡単だしね(そこのポイントが大きい 笑)。栄養バランスも取れてるし、チャチャっ(笑)とできるし、最高です!

| | コメント (7) | トラックバック (1)

たまにはお惣菜を…

今日(既に昨日)はダンナが会社の飲み会だったので、必然的に……「今日はごはん作らなくていいや、やっほう!」てなノリになったんです。。。(^-^;

ご飯作らなくていいのって、ラクですよね。。。久々に羽を伸ばせました、、、って、たまに外食したり、具を放り込むだけの鍋をしたりして、ちょこちょこ手を抜いてるんですけどね(笑)。でも、全然作らなくていいって本当にラクなんですよ。。。良い子は真似しないでね!(・∀・)

で、ヨガの帰りに(ちなみにオシャレなヨガではありません…)今晩は何にしようか~と思ってたんですが、まず釜玉が浮かんだんですけど、今家にある卵はデカいので、釜玉に向かない=却下。それに、ちょっとボリュームのあるものが食べたかったので、うどん自体却下。マック=もう一度雨の中出直すのが面倒なので却下(無精者だな…)。

では何にしよう(?)と思って思いついたのが、近くのスーパーでお惣菜として売っている、スーパー併設の(一応本格的と謳っている)中華料理屋の炒飯です。前に食べたことがあるのですが、おいしかった記憶あり。炒飯ならボリュームもあるし、と久しぶりに中華料理屋のお惣菜パックの炒飯に決定しました。ちょっと楽しみ♪

ゆっくりとお風呂に入って、ちょっとしたら、お腹は空腹状態。食べるには万全の体制。「さあ食べよう♪」と、ふと容器の底を見てみたらなんと300gと書いてある!!炒飯300gなんて太るじゃん!てか、買うときによ~く考えようね。。。

で、久しぶりに食べてみたんですが、、、不味い。なんだか油がべとべと。パラリとしていなくて、本当に炒飯ですか??油まみれでとても体に悪そう。お腹を空かせていたのに、おいしくないというのは、本当においしくないということ。昔はこんなものをおいしいと思っていたのか、と軽くショックを受けました。。。栄養もないしね(選んだのは私ですけど)。

「残さず食べなさい」で育てられた私は、残さず食べてしまいましたけどね。。。

やっぱり、マックとかこうゆうお惣菜って体に悪いなあと再確認しました。マックって罪つくりな企業だと思っているんですよ。体に悪いものを大量に作って、売りさばいてるんですからね。まあ、そんなこと言ったらそんな食品会社、五万とある訳ですが。。。マックは特に目立つ分、罪つくりだなあと思うのです(加えてクォターパウンダーの広告もキライです…)。いつかのマックの社長が「子供の頃に食べた味は忘れないから、(マックを)子供の頃から食べさせる(戦略だ)」みたいなこと言ってたのも怖いなと思ったし。。。ああ、恐ろし。。見事に引っ掛かってる自分がいますけど。ときどき、マック、食べたくなります。。。

話しはそれましたが、こうやって羽を伸ばせるのもたまにだからいいんだよなあと思います。私は料理上手ではないので、毎日献立を考えて作るのは簡単なことではないんですが、それでもやはり食べてくれる誰かがいるのはしあわせなことだな、とは思います。そんなことも感謝して生きていかなきゃなあ、と。。。

栄養のあるものをちゃんと作って、ダンナ様にも長生きしてもらわないと。ヽ(´▽`)/

これまで手抜きを散々してきた、自分への戒めを込めて。これからも、生き恥さらしても(おい)、料理作らないと。。下手は下手なりに。。。つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

それにしても、今日(既に昨日)の炒飯、プロが作ってるわけですが、あれなら私の手作りの方がイケるはずだ、と思いました(自画自賛とかじゃなくて)。炒飯、夫婦共々大好物なので(そりゃ太るはずだわ…)、今度作ってみようかな。たまには、炒飯くらい作らせてください(笑)。

--

ダンナが帰ってきました。

私「今日○○の惣菜の炒飯食べたけどまずかった!」

ダンナ「え、あれおいしいじゃん」

_| ̄|○

あんなものをおいしいと思うダンナを徹底的に鍛え直さなねばなりません(爆)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

豆腐のステーキ(とろろあんもどき)

豆腐のステーキ(とろろあん)を作りました。レシピはいつもお世話になっているかめきちパパさんの「豆腐のステーキ(とろろあん)」からです。詳しくはそちらでどうぞ。

Dscn1761_2

じゃ~ん、失敗です!!(撃沈) かめきちパパさんのとは全然違うよ~。_| ̄|○

失敗その一:豆腐の水切りがよく分からなかったです。なんとか見よう見まねで、皿の上に豆腐を載せ、その上に皿を重ね、重みで水分を出したのですが(そこまでいいでしょうか?)その後のラップで水を切るというのがよく分かりませんでした。

失敗その二:豆腐に小麦粉をつけて、フライパンで焼いたのですが、途中で豆腐が崩れてしまいました。また、豆腐がフライパンにこびりついてしまいました。これは、うまくいったものもあったことを考えると、小麦粉の付け具合が悪いものがあったのではないか、と思われるですが。。。あとは、油の絡まり具合でしょうか。

失敗その三:長いも(山いもとありましたが、長いもと同じですよね??)を15cmほど使ってしまいました。卵も大きいものだったので、問題ないかと思ったのですが。。。長いもをちゃんとすりおろさなかったのが悪かったのかな……荒い目になってしまってます。材料を合わせて鍋にかけましたが、魚の撮影(おいおい)をしてる間にちょっと焦げてしまいました。その後は、目を離さず、温まる程度に煮ました。

で、出来上がったのが画像のものです。。。かめきちパパさんのとは全然違います。。。
とろろあんが、硬いのです。最早、あんとは言えず。。。長いもの固まりを食べているようでした、、、味はOKでしたが(ちょっとしょうゆ味が濃かったのですが、、)。ご飯と一緒に食べるとちょうど濃い味がおいしかったです(笑)。

結局、とろろあんがうまくできなくて、失敗だと思います。

いやあ、難しいですね。。。_ノフ○ グッタリ

--

いわしの明太子焼き、スーパーに加工品が売っていたので買ってみました。

Dscn1759

ぴんぼけで申し訳ないのですが、いわしの下処理をして内臓を取り出した部分に明太子が入ってます。なかなかナイスアイディアだと思うのですが、どうでしょう?(*^-^)

私が食べたいわしは、グリルでひっくり返したときに明太子が下に落ちてしまい、余り明太子の恩恵に預かれませんでした(涙)。

--

追記:オットが帰宅し、食しました。今日は食欲ないと言うので、心配しましたが、完食しました。よかったです。豆腐ステーキ(とろろあんもどき)は、「失敗したんだよ」と言いましたが、おいしいと言ってました。。。どこまでが本当か謎です(爆)。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

豚肉のマリネ焼き

豚肉のマリネ焼きを作りました。本当は“豚ヒレのマリネ焼き”です(笑)。私はモモ肉を使ってしまいました、、、安さに負けました(涙)。

Dscn1758

すごいブレてしまいました、すみません。なんでかなあ。見た感じは、けっこうOKだったんですよ(自画自賛 笑)。

久しぶりに栗原はるみの本を使ってみました。「たれ・ソースレシピ」、アマゾンで買えます。随分昔に買った本なんですが、今でも売ってるんですね。さすが栗原はるみですなあ。

この豚ヒレのマリネは、レンジドミグラスソースを使った一品です。レンジドミグラスソースは、ケチャップやとんかつソース、赤ワイン、たまねぎのすりおろしなどを混ぜて、レンジでチンするだけの簡単ソースです。栗原はるみは、レンジをよく使うところも手軽でいいですよね。彼女のレシピ、好きですよ。heart01

こちらの料理は、豚モモ肉(しつこいようですが、本当はヒレです)に、レンジドミグラスソースを半量混ぜて、半量はオーブンレンジの板に並べた肉にかけていきます。その上にパン粉とパセリのみじん切りをたっぷり乗せます。その上ににんにくのみじん切りを入れたオリーブオイルをかけて、250℃のオーブンで8分焼きました(本には書いてありませんが、余熱をしました……って当たり前でしょか)。焼けてるかな(?)と思い、ひとつナイフで切って味見してみましたが、ちょうどよく火は入ってました。

オーブンに入れて数分、にんにくが匂ってきて、なんともいい香りがしてきました。それにつられてか(?)自室で仕事をしていた夫(今は土日も仕事なので…時間があれば仕事状態です…)が「いい匂いがするなあ」とやって来ました。これは期待できると思ったのですが。。。。。

カリッ・ジューシーを期待してたのですが、、、うーん、手をかけた割に(?)普通でしたね。やっぱりヒレを使わないとダメなのかなあ。でも、モモ肉でもけっこうイケたと思ったんですけどね。パン粉がけっこう乗ってるのですが、カリカリと言うほどではなかったな。たくさんかけたんですけどね。にんにくも余り効いてない感じでした。味が濃かったですね~。まさしくレシピ通り作ったんですけどねえ。

夫に聞いたら「おいしい」と。私、思うんですが、最近夫はとりあえず「おいしい」と言うんですよね。。。ケンカの元にならないようにしてるのでは(爆)と勘ぐりたくなります(笑)。味が濃いかと尋ねると、味は濃いっちゃー濃い、と言ってましたが。明らかに昨日の鍋の方が喜んでいた気がするのですが……。手を入れた料理の方が好まれるとは限らないんですよねー。なんだか残念な気がするのは私だけでしょか(涙)。

今度はちゃんとヒレ肉で作ってみようかなあ。そしたらもっと美味しいかな??

| | コメント (7) | トラックバック (0)

おーー

今、「レッドクリフ part1」をTVでやっているのだけど、トニー・レオン、金城武、チャン・チェンと男前揃い!!かっこいい~~。lovely 日本の男優にはどうも食指が動かないのよね。。。本当に好きなのは、今は亡きレスリー・チャンですけどね。。。香港の俳優って魅力的な人が多いです。heart01

なんだか、途中から見てしまったし、今からブログを書くので(笑)、「レッドクリフ」はDVDで見直そうかなあ。。。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

昆布だしから常夜鍋

お馴染みの(笑)常夜鍋をしました。今回は、昆布だしからちゃんと取りましたよ!!(え?当たり前だって…)今まで、適当にだしをごまかしていたので、、、昆布だしを取るのは今回が初めてです(大汗)。

Dscn1755_2

見た目、きれいじゃないですけど、味はグーでしたよ。ゆずぽんで頂きました。

今週末、土日のどちらかは鍋にしたいと思っていたので、土曜は料理のやる気がなかったので、鍋を選択。鍋なら常夜鍋が食べた~いとのことで(私がね 笑)、安くなっていたときに買った豚バラ肉で。そういえば、最近豚バラ肉(肩ロースも含む)ばかり食べてますよね。。。太る??ヘルシーじゃないかあ。豚バラ肉っておいしくてクセになりますね、、、危ない危ない。

クックパッドにて、常夜鍋を検索したところ、目に留まったのがこちら。ほうれん草にはシュウ酸が含まれていて、カルシウムの吸収を妨げてしまうため、下ゆでしましょう(ゆでることによってシュウ酸が7,8割方取り除ける)とコメントしてあります。

これは目から鱗でした。最近、ほうれん草は、面倒くさいからと言って下ゆでせず、そのまま炒めてしまうことが多かったのです。でも、やっぱりほうれん草って下ゆでしないといけないんですね。面倒だわ~(爆)。実家の母も、ほうれん草は必ず下ゆでしてました。そういえば、シュウ酸とかなんとか言ってました……ちゃんと理由があるんですね~。

なので、今回の常夜鍋はほうれん草を面倒臭がらず、別鍋でゆでてから投入です。

材料は、何も考えず(笑)。ほうれん草1/2パック、豚バラ肉300g,しいたけ5個、焼き豆腐ミニサイズ1丁、えのき1袋(半額になってたので思わず買いました 笑)、白ねぎ約1本、にんにく小2かけ。

昆布だしは水600cc,酒200ccに取って、沸騰する直前に昆布を取りました。あとは、にんにくを半分に割ったものを入れ、下ゆでしておいたほうれん草と豚バラ肉、各材料を入れるだけですね。

豚バラ肉は我が家は2人で300gです。ちょうど300gのものを売っているから、というのが大きな理由ですが、この分量が私たちにはちょうどよいようです(食べすぎでしょか…)。満足感抜群です。

前回の鍋は具が少なくて、オットが物足りないと言ってましたが、今回は具だくさんでたくさん食べられて満足の様子でした。「おいしい」の一言もゲットしましたよ~(笑)。「今日は具がたくさんあっていい」とのことでした。

〆はお馴染みの鍋用ラーメンで。ウチはもっぱら〆はラーメンです。うどんとか雑炊にすることもあるのですが、オットが「やっぱ鍋はラーメンでしょ」と言っているし、私も鍋のラーメンは大好きなので、マンネリですが殆どいつもラーメンです。これがまたおいしいんだ~。毎回楽しみなんですよね~。

食後、満足気なオットに「鍋、好きだよねえ」と言うと「お腹いっぱいになれば、人は幸せになるでしょ」との一言。。。ウチの人は、とりあえずお腹いっぱいになれれば満足するということがよ~く分かりました(笑)。

それにしても、クックパッドを見てるといろいろなレシピがあるんですね~。常夜鍋だけでもたくさんあります。我流じゃなくて、いろいろ試してみたいなあと思いました。clover

| | コメント (3) | トラックバック (1)

ほうれん草と豆腐の炒め物

ほうれん草と豆腐の炒め物を作りました。
レシピは、SUNNYさんのいつも美味しそうなブログ“Please make youself at home”より「ほうれん草と豚肉のニンニク炒め」を拝借しました。詳しいレシピはSUNNYさんのブログをご覧になってください。

Dscn1752_3

にんにく、豚肉、ほうれん草、しいたけ、豆腐を炒めていき、最後に片栗粉でとろみをつけます。下ごしらえさえ済んだら、中華鍋に材料を順に投入して炒めていく、“チャチャ”っとできるメニューです。私はこのチャチャっとできる、こうゆうレシピ大好きです。heart04

感想は……おいしかったですよ~~。味付けは、酒、しょうゆ、砂糖とシンプルなのですが、普通においしい!ご飯が進む、これぞ家庭の味という感じです。豆腐もほうれん草もしいたけも摂れるので、ヘルシーですしね。肉は、お好み焼き用の余りのバラ肉を使ったので、ボリューム感もありました。

こうゆう普通においしいレシピを待っていたのよ、、、という感じです。heart01 これはぜひマスターして、我が家の定番にしますよ~note

夫もこの日は午前1時前の帰りだったのですが(完璧に過労です…)、これを見て「すき焼き」と。おいおい、どこから見てもすき焼きじゃないぞ??大丈夫か?「これが社食で出たらすき焼きなんだ」とかよく分からないことを言ってました(笑)。でも、おいしいと言って食べてましたよ~。

素敵なレシピを紹介してくださったSUNNYさん、ありがとうございました!happy01

--

実は、ネットの調子がおかしくて、この記事は一度消えてしまったんです。なので、書きなおしました。。。昨日から実にUPできなくて、イラチでした。sweat01

| | コメント (4) | トラックバック (1)

お好み焼き(豚玉)

お好み焼きを作りました。豚玉(ぶ・た・た・ま)です。これぞお好み焼きの王道、だと思っています。。。

Dscn1751

これを2人で食べます。

材料だけ忘れないように(笑)メモっときます。
小麦粉100g(1カップ弱)
卵 1個(50g)
だし汁(または水)120cc(1/2カップ強)
山いも30g
キャベツ適宜、豚肉お好み焼き用約100g(関西にはこんなものが売ってるんです!!関西以外の方、驚きでしょう~私も最初びっくりしました 笑)

プレーンな豚玉ですね♪あ、かつお節をまぶすの忘れました。。。

夫に「今度お好み焼き作るよ」と言ったら、「知ってるだろうが、オレは関西人なんだからな。お好み焼きの味にはうるさいぞ」と宣戦布告されました(笑)。夫は大阪出身なんですよ。ウチの実家の両親も故郷は関西。私は生まれも育ちも関東ですが、今は関西にいるし……関西に縁があるんですよね、なんだかんだ言って。いやだと言っても(爆)縁は離せません(泣)。

ホットプレートがない我が家では、お好み焼きもフライパンで。今回のレシピは日清薄力粉に書いてあったものですが、お好み焼きには卵は多い方がよい、、、と思っている私は今回卵はこちらで。

Dscn1748

はい、大きな卵で♪って、大きいでしょう、本当に(笑)。左の卵は普通の卵。右が今回試しに買ってみた大玉。我が家は少人数なので卵は6個入りを買うのですが、最近だし巻き玉子もよく試すことだし、もちっと多めのを買うかと思ったところ、こちらの8個入りの大玉が目に留まったのです。8個入りというのがいいかなと思って。でも、これ使えませんね~。普通のレシピの卵の分量と合わないですよ~。なので、また6個入りに戻るつもりです。10個入りはちょっと多いので。。。質も、6個入りのお気に入りのこの赤玉がいいみたいです。ビタミンEも豊富らしいです。

話しがそれましたが、私がよく行くお好み焼き屋さん「鶴橋 風月」では、一人分卵1個使うんですね。でも、レシピをクックパッドなどで見ましたが、どちらも2人用に卵1個が多い。。。ここは失敗してはいけないので、こらえて(笑)卵は1個にとどめておきました。

キャベツ切って~豚肉も切って~(食べやすくする為です 長いままだと食べにくいので)タネを混ぜて~タネにキャベツ入れてザックリ混ぜて~。。。フライパンに油をしいてタネを入れました。タネをしいてから切った豚バラ肉を乗せて、その上からまたタネをのせて。弱火で焼くことどれくらいだろう。かなーり焼きました。弱火すぎたかな??そろそろいいかな、と半分に切って裏返し。裏返してからも弱火でかなり焼きました……ダメでしょか??で、もう一度今度は自信がなかったので(笑)4等分にしてひっくり返しました。

で、中濃ソースがなかったので(どうゆう家だ…)ウスターソース、ケチャップ、マヨネーズをかけました。

食べてみて……なんか違う。期待している“お好み焼き”と違う。。。何で??材料ちゃんと計って作ったよ?なんかですね、よく言えばふわとろ。悪く言えば、柔らかすぎです。長いも入れ過ぎたからかな?なんかとても微妙~なお好み焼きでした(大汗)。

お好み焼きもレシピいっぱいあるんですね。(かめきちさんのレシピでは、豆腐を入れるんですね。)今度はもっとおいしく作れるようにがんばります!!今回のではとても満足できないですから(泣)。

そういえば、実家の母もよくお好み焼きを作っていました。やはり関西出身だからでしょうか??長いも、入れてましたよ。おいしかったです。ご飯を誰かに作ってもらえるって幸せですよね。。。今は自分が作る側ですが。いや、これもしあわせなんだと思わなきゃ、ね!clover

--

追記:オットが帰宅しました。午前様です。お好み焼きをレンジで温め直し、「今日は失敗したから」と言って出しました。「どう?」と聞くと、オット曰く「普通のお好み焼き。普通。失敗ではない」。よくよく聞いたら「おいしい」とも。意外でした。私的には、イマイチだったので。「疲れてるときはこうゆう濃い味がいい」とも。昨日は角煮の濃い煮汁も全部飲みましたからね、、、体に悪いっす。
ちなみに、関西の人はお好み焼きをおかずにして食べるんですよ(多分)。オットはご飯片手に食べました(笑)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

豚の角煮~ほうれん草を添えて

毎度毎度(?)豚の角煮を作っているcoplyです(笑)。いやー、豚の角煮はハマりますね。失敗がなく、おいしい。ほろっと崩れるお肉がとてもおいしい。オット受けもするはず??(謎)

Dscn1747

前回、卵入り豚の角煮を作りましたが、今回はそれの付け合わせのにんじんがほうれん草に変わっただけです(笑)。

豚の角煮もいろいろなレシピがあるのですね。私がいつも参考にしているのは「オレンジページ 基本の和食」なのですが、「オレンジページ 男子が喜ぶ肉メニュー」にも豚の角煮が載っていて、前者は豚肉はゆでるだけなのですが、後者は最初に油で豚肉を炒めるのですね。そのままでも、豚の角煮はこってりしてるのに、これ以上こってりしたくない!とのことで(笑)私はゆでるだけのレシピが気に入ってます(炒めるのが面倒くさいからだとか言わない…汗)。なので、今回もゆでるだけのレシピで。でも、「男子が喜ぶ肉メニュー」では、ゆでたほうれん草を敷いてるんですよ。それだけピックアップしてみました(笑)。

レシピには、煮汁をほうれん草にかける、と書いてあったので煮汁をかけたんですが(写真でも煮汁が入ってるでしょう)、辛い~!こりゃ、辛いですわ。何、豚の角煮で失敗??(大汗)しかし振り返ったら、前回も煮汁が辛いと書いてるんですよね。すっかり忘れていました。。。(だめじゃん)

卵は、黄身が真ん中にくるように、ゆでるとき、さえ箸でくるくるお鍋の中で廻したんですが、切るのを忘れました(笑)。

豚の角煮自体は、、、今回は価格に引かれて(そんなんばっか)アメリカ産の肩ロースを使ったんですね。それでかなー、今回は臭みが強くて。あ、臭みが強かったのは、しょうがの皮をむいてしまったからかな(自業自得)。でもよかったことに、切る段階で臭みは感じましたが、食べるときは臭みはなかったです。ほっ。ただ、なんとなーく肉自体の旨みはやはり国産に負けるような気はしました。

昨日の里芋もそうですが、安かろう悪かろうというのは、嘘じゃないんだな……と感じる昨今です。安いもの大好きなのに(涙)。

追記:オットがおいしいと言ってくれました。ほっ。やはり肉料理が好きなんですね。。。

--

それにしても、今週ずっと天気がいいですねー。今日もよい洗濯日和&布団干し日和でした。もちろん、お花見もいいでしょうね。近所の桜がとてもきれいです。明日も夏日に近い天気だとか。
……紫外線が厳しい季節になりましたね~(泣)。日焼け止め買わなきゃな。。顔はファンデーションとか塗ってるから日焼け止め効果になるんですが、首が無防備で。。。日に当たると赤くなってかゆくなるのですよ。なので、日焼け止めを付けなくては。ただでさえ、顔と首の色が違って困っているというのに(爆)。日焼け止め塗るのが面倒とか言いたくなります。。。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

桜~お花見へ

先日の日曜日、桜を見に、けいはんな記念公園へ行ってきました~。ちょっとしたドライブ気分にもなりましたよ~。car

初めて行ったのですが、行く途中以前住んでいた神奈川の風景に似ているところがあって、故郷が懐かしくなりました(涙)。

ま、それはさておき。

Dscn1718_6

エントランスからは、広いのどかな公園が広がっていました。親子がボールで遊んでいたりして、明るい空間でしたよ。

Dscn1721_3

竹の通り抜けです。なかなか風情のある道ですね。

Dscn1725_12

水景園(有料:200円)へ入りました。スタートが遅かったので(汗)、もう日が傾いていますね(笑)。水面に陽光がさして、きれいでした。

Dscn1729

小川が流れています。

Dscn1730

水面に桜が映えます。

Dscn1734

桜並木が迎えてくれます。満開だったら、さぞかしきれいだったろうなあ。この日でも充分きれいですけれどね。

Dscn1736

ちょっと寄ってみました。ちょっとですが。

Dscn1739

白んだ半月が浮かんでいたのでパシャリ。

Dscn1741_2

最後に、かげる陽をバックに、桜です。

けいはんな記念公園、雨の土曜の次の晴れの日曜の桜日和とあってか、大勢の人で賑わってましたよ(きっとこの時期、天気のよい毎週末は混んでいるのでしょう)。近くのショッピングセンターも。なかなか見どころのある、自然豊かな公園でした。水景園は時間が遅かったのでやめましたが、30分~1時間程度(随分差がありますね 笑)の歩くコースもあるんですよ。

けいはんな記念公園がある精華町は、企業の研究所や国会図書館などの学術系の施設があり、けいはんな学研都市の中心部です。けいはんなとは、京都の京、大阪の阪、奈良の奈から、地名から取った呼称です。

いい気分転換になりました。cherryblossom

| | コメント (3) | トラックバック (0)

里芋とたこの煮物2

里芋とたこの煮物、一度作ったんですが、また作ってみました。先週、里芋が安くなってたんですよ。79円だったかな。なので、里芋の煮物でもしようかと速効(笑)買い物カゴに。で、たこも先日“奉仕品”と銘打って売っていたので、こちらは少々(私にとっては)高めだったのですが、里芋が安かったからいいか~と思い、たこも買い物カゴに入れました(笑)。

前回のはこちらです。レシピはかめきちさんの「蛸と小芋の煮物」です。

今回のはこちらです。

Dscn1746

前回の方が照りがよかったような??今回は照りが全くありませんね~。でも、かめきちさんのフォトを見ても、特に照りはないようなので、これはこれでいいのかな。

今回は、材料が前回より多かったです。里芋、安いだけあって、品質が悪かったです。丸のまま使える大きさもなかったですし。全部切ってあるから、余り見た目もきれいじゃないですねえ。里芋って皮むくのが面倒ですよね。。。今回のは特に、でした。これまで里芋といえば、冷凍食品を使っていたのですが、近頃は里芋も生のものから使おうと。。。これまでの、無精を少しでも直そうとがんばってるんです、、、これでも。

たこも、前回より多かったですよ。足が4本くらいあったかな。レシピ通り、熱湯で軽くゆでます。里芋は、下ゆでを8分しました。前回、なかなか硬さが取れなかったので、今回は下ゆでの時間を伸ばしたのです。でも、ちょっと長すぎたみたい。。。

で、レシピ通り、煮汁の中にたこを先に入れ10分煮て、その後里芋を入れました。落としぶたはアルミホイルで作った簡易版です。大体10分強ゆでたかな。下ゆでし過ぎたせいか、里芋がほろほろになってきてしまったので、レシピでは「煮汁がなくなるまで煮ます」なのですが、煮汁が少し残ったまま、火を止めました。

味の方は、、、普通でした。可も不可もなく。失敗ではなさそうですね。ちょっと里芋が煮過ぎでしたが。味も、ほどほどに煮汁がしみこみ。確かに優しい味わいです。砂糖が効いている感じです。たこを、もっと小さく切った方が食べやすいかな。

しかしあれですね、昨日も魚中心の和食だったのですが、今回もさばを焼いて魚中心の和食。これらを食べてると太りませんね(笑)。で、逆に洋物や中華系を食べてると、てきめんに体重計に響きます(爆)。私も夫も好きなのは洋もの、中華なんですけどね。。。和食は体にいいから食べてるという感じで。でもダイエットに貢献してくれるから、いいですけどね(笑)。

追記:オットが帰宅して、食べました。しょうゆをかけたがるので、「味ついてるよ」と言ったのですが、「疲れてると濃い味が欲しくなる」とかなんとか言って、しょうゆかけてました。。。(塩さばにも…)ちなみに、たこの味が「魚介類の味がなんかダメ…」とのことで。。。いつもながらに辛口です。辛口というか、疲れてるからかなあ。まあ、ウチはこんなもんです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

薄揚げと水菜のオリーブオイル炒め

今日も、かめきちさんレシピのお世話になりました~。薄揚げと水菜のオリーブオイル炒めです。レシピはかめきちさんのブログからどうぞ。

昨日は鍋でした(かめきちさんなどのアドバイスにより、我が家は一年中鍋をすることに決めたのです……鍋は季節のものと思い込んでいましたが、改めました 笑 しかし、夏も鍋宣言に食傷ぎみなオットを説き伏せるのが大変かもしれません、、、)。さて、鍋をして、水菜が1株余ったので、今回のレシピを拝借いたしました。

水菜は茨城産。根が関東っ子の私はこれだけで嬉しいモンです(笑)。さて、それはさておき、レシピは簡単。オリーブオイルでにんにくを炒めて、そこに薄揚げとちりめんじゃこを入れて炒めて、最後に水菜を入れて、しょうゆで味付けです。

できあがりはこちら。

Dscn1743

ううむ、かめきちさんのとは全然違いますな。。。薄揚げを切るとき、(縦の長さを)半分にした方がいいかな~と思ったんですが、そのままの長さで。どちらがよかったのかはよく分かりません(笑)。全体的に炒めすぎだったのかも(グリルの鮭に気を取られたまま火を通しすぎました)。水菜がシャキシャキしておらず、しんなりしています。。。

味付けが、しょうゆ大さじ1だったのですが、辛かったですね~。と言っても、それはかめきちさんのせいではなく、調節しなかった私が悪いのです。水菜も量は多くなかったので、小さじ2くらいでよかったのではないかな~と食べながら思いました。

でも、ガーリックの香りがしてよかったですよ。和風なのだけど、ちょっとイタリアンぽいというか(笑)。

鍋の次の日、水菜が余っていたらレッツ・ゴーですね!

ちなみに、今日もだし巻き玉子、挑戦したのですが撃沈。。。余りに無残な姿だったので、画像は割愛します(泣)。でも、味はおいしいんですよ、、、って強がりか(涙)。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

パン食べ放題~

土曜はベーカリーレストラン サンマルクへ行ってきました。
サンマルクと言えば、以前初めて行ったところです。これで二度目。前回は、クーポン券使ってお手軽コースを食べたんですが、今回は単品です。

まず、待たされましたー。お客さんがいっぱい待っていてね。どれくらいだったかな?30分以上は待ちましたよ~。とても長く感じました。はあ。。

やっと通されたテーブルは、ピアノのすぐ隣り。ピアノが見える位置に座ればよかったのですが、余り考えずに座ってしまったので、ピアノは見えず仕舞いでした。音色はもちろんよく聞こえましたよ(笑)。

今回はクーポンは持ってなかったので、それぞれ単品を選びました。それとドリンクとパン(食べ放題)のセットを頼みました。

程なくして、「パンはいかがですか~」と店員さんが回ってきたので、焼きたてを中心にチョイス。

Dscn1715

手前の白いパンなんてちょっと大きく見えますが、小さいんですよ~。というか、それがサンマルクの食べ放題(笑)のパンのいいところなんですけどね。白いパンと、ぶとうパンが焼きたて。どちらもおいしかったけど、ぶどうパンがおいしかったなあ。それとストロベリーのパン。

また、店員さんが回ってきてくれたので、ためらわず食らいます。

Dscn1716

ショコラと、なんだったけな、トマトのパンだったかな??ショコラおいしかったです~。トマト(?)のパンもおいしかったですよ~。

主品到着。

Dscn1717

サーモンのチャウダー煮(みたいな名前だったと思う、うろ覚えですみません~)。これが!小さいんですよ~~。スプーンは普通の大きさなのですが、それと比べたら小ささが分かるかな?(笑)

きゅうりと、なすと、ポテトが入ってました。もちろんサーモンとね。きゅうりは生なんです。なすはちょっと火が通っていたかな。ポテトはポテト(笑)。ポテトは好きなので、安心して食べられる味です。サーモンにチャウダー風のスープをかけて食べるのですが、スープが少なくて。coldsweats01 味は悪くなかったんですけどねー。とにかく食べでがなくて。お腹いっぱいにならないよ~ということでパンに走る、走る。run 後、2回パンが回ってきましたが、計5個追加したので、全部で10個食べましたよ~。オットはもっと食べてましたが(汗)。私ももっと食べられたんでしょうけど、一応10個で止めておきました(笑)。紅茶を飲んで、一息ついて、ちょっぴり満足感を得られたかな。

それが、単品しか頼んでないので、パンが回ってくる回数も少ないんですよね。コースだと長い時間かけるから、パンが回ってくるのが何度もある。けれど、コースの方が食事の量が多いから、パンを食べる量は少ない。で、単品のときの方がパンが欲しいのに回ってこない(笑)。それが、今回分かりました(笑)。効率悪いのね。。。

それと前回はお手軽といってもコースだったからそれなりに充足感があったのですが、今回は前回より、たったマイナス500円のお会計なだけでした。なので、前に比べたら充足感は少なかったかなあ。あれなら500円プラスしても、コースがいいですね。クーポンがないとダメなのが、ナンですね……。

外食ってやっぱりなんだかんだ言ってお金かかりますねー(オカンだがな)。それはいたく(笑)感じました。でも、外食の割にはサンマルクはリーズナブルな方かなあ。雰囲気もよいし、あのコストパフォーマンスなら文句は言えないですねー。近くにサンマルクがあってよかった~~。今後もリピありです!heart01 

| | コメント (8) | トラックバック (1)

油林鶏(ユーリンチー)

油林鶏(ユーリンチー)を作りました。レシピはかめきちさんのブログからどうぞ。

Dscn1714

なんだか薬味が色合いが余り良くないですね~。かめきちさんのと違う~。いや、かめきちさんと比べちゃいけませんね(笑)。

これ、簡単なような、手間がかかるような一品です。鶏肉は塩こしょうして小麦粉を振り、卵にくぐらせ、かぶるくらいの油で中華鍋でじっくり焼きます。それが、本当にじっくりなんですよ(汗)。30分以上焼いてたんじゃないかなあ。しかも2人分なので鶏肉2枚なんですが、一枚が大きすぎて一度に焼けなくてですね(汗)。仕方なしに1枚ずつ焼いたので、合計1時間は焼くのに時間がかかったのではないでしょうか(アセアセ)。

薬味は、白ねぎと青ねぎとしょうがのみじん切りに、しょうゆ、砂糖、酢、ごま油を合わせたものを鍋でひと煮立ち。

弱火でじっくり焼くので時間はかかりますが、皮がパリっと焼けているところを見たら、にんまり(笑)。焦げもせず、いい感じです。一度、お皿に取ったんですが、切ってみたら赤いところがまだあったので、もう一度焼き直しました。けっこう時間かかりました~。多分、一枚30分じゃ済んでないなあ。弱火すぎた??

やっと焼きあがって、4等分して、薬味スープをかけて。薬味スープがいい香りです。これ、後で気がついたんですが、鶏肉を4等分ではなくて、もっと切った方が薬味スープがしみておいしかったんでしょうね~。私は4等分のまま、余り薬味をしみ込ませないで食べたので、薬味の味がイマイチせず。なので、期待していたほどの味にはならなかったのですが、、、もっと鶏肉を細かく切って薬味をしみ込ませればもっとおいしいんだと思います!!衣もパリっとして、そちらはバッチリですし(ニヤリ)。

それが、こちらは夫にはとても評判良かったんですよ~(笑)。ブリのときがナンだったんですが(泣)、こちらは「おいしい」と連発してました~。そう言ってもらえると、作った甲斐があるってもんですよね。よかったっす~。

それにしても、鶏肉が一枚が大きくて、すごくボリューミーでした(汗)。こんなに食べてたら絶対太るぞっていう。。。お腹空かせて食べたんですが、すんごくボリュームあったんで、食べ過ぎでした、、、って〆がこんなんですみません(>かめきちさん)。かと言って一枚を2人で分けるのも少ないしなあ。ぶつぶつ……やっぱりここは一人一枚で行くか!(結局行くんかい!笑)

でも、油林鶏、成功してよかったし、また作ります!!だって失敗なくおいしくできますもん~。かめきちさんレシピに感謝です~。heart02

| | コメント (9) | トラックバック (0)

今回のお花

今回のお花はマーガレットとスプレーカーネーションです。

Dscn1707

スプレーカーネションの色が本当はもっと黄色なのですが、、、この画像だと黄緑色に写ってしまっていますね。
マーガレットが、買った当初は1つしか花が咲いてなかったのに、追加して3つ咲きましたよ。今、もう一つ小さくですが、咲き始めています。切り花の場合、なかなか花がつぼみから咲くことはないので、ちょっと驚いています。でも嬉しいものですね。

実は、お花が298円から398円に値上げしてから、2束買ったのですが、ガーベラもすぐにだめになってしまって、2日ほどかすみ草だけ飾っていたんです(経費削減の為 笑)。でもやはりかすみ草だけでは寂しいなということで、花屋に行ったらナント298円の花が戻っていまして。これは嬉しい!(オカンだな~)100円の違いは大きいですからね(笑)。今はどうなってるのか分かりませんが、これからも安く手に入るといいな~(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

だし巻き玉子(失敗)

今日はぶりの照り焼きとだし巻き玉子を作りました。

ぶりの照り焼きは……

Dscn1710

写真がブレてます、すみません(汗)。タレがタラタラとしちゃって汚いですね(笑)。ぶりの切り身が半額になっていたので、買ったんですよ。半額でもちょっと安めなぐらいかな(?)という価格でしたけど(元値が高すぎる……)。

今年に入ってからいつも夫の帰りが遅いので、作ったら私は先に食べてしまうのですが、私はぶりがちょっと硬いかな(?)と思ったのと、こちらのぶりは大きめだったのでタレがちょっと少ないかな~と思ったものの、まあおいしくいただいたんですが、夫の感想は辛口。「ケミカルな味がする」とか(ぶりでケミカルって何??)大体、見たときから「魚は嫌いなんだよね」と。残念の一言です。魚は体にいいので、嫌いと言われようが、これからも出しますよ。肉ばっかり食べてたら栄養が偏っちゃいますもんね。というか、私も肉が好きなんですよ、でも魚も食べなきゃいけないと思い、出してるわけで(ぶりはDHAが豊富と聞いてから、食べるようにしてます)。

だし巻き玉子ですが、、、

Dscn1711

こちらは見ての通り、激失敗です(泣)。前回も作ったんですが、今回も撃沈。前回は形にもならなかったので、それに比べたら今回は形にはなったので、少しは前進(笑)したのですが、ご覧の通り焦げてしまいました。本には中火で焼くよう書いてあったんですけど、焦げてしまいましたよ??

ちなみに材料は、卵3個とだし汁大さじ2,みりん大さじ1,薄口しょうゆ小さじ1,レシピでは砂糖大さじ2,でしたが砂糖だけ抜きました(甘い卵焼きに慣れてないので……)。みりんが焦げやすかったのかな?よかったら、アドバイスいただけると嬉しいです。

こちらは、見た目はこんなですが、味はみりんの甘さがほんのりしておいしかったんですよ。私は。夫の反応はこれまたイマイチで。「お菓子みたいな味」とか。「だし巻き玉子の予期する味と違う」とか。。。今日はほんと、がっかりでしたよ。私は、どちらも普通に食べられたんですけどねえ。夫の評価がとにかく低くて。なんだかやる気が失せますね~。一生懸命やってるんですけどねー(某前外相が言ってた言葉と一緒ですね 笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »