« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

アスパラとベーコンのクリームスパゲティ、紅茶とケーキ

アスパラとベーコンのクリームスパゲティを作りました。参考レシピはクックパッドからです。詳しいレシピはそちらからどうぞ。

Dscn1879

汚いパスタでごめんなさい。クックパッドのレシピの画像は美味しそうにできあがっているのですが、私のはこんなになってしまいました。。。

アスパラって恥ずかしながら初めて食材として使ったんですよ。アスパラって余り好きじゃなかったので。。。なので、ずっとスルーしてきましたが、クリームスパゲティということで美味しそうだなと思い、使ってみました。アスパラ、安売りしてましたし。

アスパラを茹でるのがどれくらいがいいか分からず、ネットでちょっとだけ調べたんですが、後で炒めることも考え、又、硬いのは嫌なので、とりあえず3分熱湯で煮ました。

材料は、アスパラ、たまねぎ、ベーコン、生クリーム(生クリームは多いですが)だけ。アスパラを煮て、たまねぎとベーコンをオリーブオイルで炒めて、アスパラを投入し、少し炒めてから生クリームを入れて煮詰めて、パスタとあえるだけ。とレシピはいたってシンプルなんですが、甘く見てました(そんなのばっかりですね)。

茹でる、炒める、までは失敗はないと思うのですが、生クリームを煮詰めすぎたかな?レシピでは弱火でと書いてあったけれど、弱火では全然ぐつぐつ(笑)しないので、中火にしてぐつぐつ言わせて、トロミがつくまでと書いてあったので、トロミをつけたつもりだったんですが。。。ちょっとやり過ぎたかな??

パスタですが、ウチのダンナがパスタは多めに食べるのをいつも要求するので、量は多めにするんですよ。あ、そう、いつも無印のパスタ鍋で6L以上くらいのお湯を沸騰させてパスタを茹でてたんですが、塩のこともあるし勿体ないかもと思い、5L弱くらいで(って余り変わりませんが)茹でてみました。塩も大さじ4くらい入れました。でも、ちゃんと茹でられました!お湯の量を少なくしても大丈夫なようです。だって本には2人分2Lのお湯で茹でろと書いてあるんですもん(汗)。それは怖くてできないですが、少しでも水、塩が減らせたら嬉しなあ、と思って。

パスタが多めだったからか、できあがったクリームにパスタを絡めても殆どパスタには絡めず。。。orz 申し訳程度にしか、絡めませんでした。画像をご覧になれば分かると思いますが、クリームの部分はたまねぎやアスパラの具材にまみれてるばかり。。。

パスタは、塩を本通りの量、入れるようになってから、しっかり塩味もつき、美味しく仕上がるようになったようです。クリームには塩こしょうは強めにしたつもりなので、味はまあちょうどよいか、ちょっとだけ薄いか、という感じだったかな。でも全然食べられる範囲内です。

何度も書きますが、クリーム部分のパスタへの絡み具合がやはりイマイチでした。やっぱり煮詰め過ぎが悪かったのかな。もっとパスタにクリームが絡んでいたら、美味しかったと思います。アスパラは、、、美味しいというものではないかな(汗)。でも、食べず嫌いだったのか、食べられない代物ではありませんでしたよ~。

そうそう、アスパラの穂先にはルチンが豊富なんですって。ゆかりさんの「あのひとをびっくりさせちゃう」という薬膳について書かれている(もちろん美味しそうなお料理も登場します)ブログにてアスパラがそう、紹介されています~。ルチンといえば、そば、でしたが。本当、ゆかりさんが仰る通り、こんなところにも、、、ですよね。

ダンナは「タバスコかけちゃいけないんだよね?」と言うので「うん」と言ったのですが、かわいそうなので(笑)「かけてもいいよ」と言ったんですけど、途中まではかけずに食べてくれました(笑)。ダンナからは「うまい」と言ってもらえましたよ~。でも、パスタが半分以下になって「もうタバスコかけていいよね」と言って、タバスコをドバドバかけて完食してました。。。ダンナの中では例えカルボナーラだろうと、パスタ=タバスコの図式が成り立っているのです(爆)。

--
家の近くのこの辺りで人気のパティスリー屋さんにてケーキを久々に買ってきて食べました。本当は誕生日に食べたかったのですが、ダンナの帰りが遅いことが分かっていたので、一緒に食べられる週末に、と思いまして。

Dscn1880

頂き物のウェッジウッドのティーポットに、これまた頂き物のウェッジウッドのリーフティーを入れて、ケーキのお供に。いつもティーバッグばかりの私にしてはめずらしいことです(爆)。さすが、ウェッジウッドのリーフティー、香りが最高です。一流品は違うんだなあ。。。(いつも二流、三流品ばかり口にしてるので 笑)

Dscn1882

ケーキは、何という名前か忘れました(笑)。説明に「クリームチーズ…」とあったので、買いました。クリームチーズに弱いんです(笑)。チョコレートにも弱いですけど。今回はチョコレートよりクリームチーズが勝ちました(単に気分的にです 笑)。

さて、食べてみると、確かにクリームチーズの味が濃厚!いや、この濃厚なのが美味しいのですが。で、大きめのイチゴが入ってます。さすが地元で有名なパティスリー屋さんです(その日もお客さんでいっぱいでした)、なかなか美味しかったです。下にはパイ生地が敷いてあって、クリームチーズ一辺倒の味にならずにいい仕事してました。ダンナも美味しいね、って言って食べてました。

私ももう誕生して、30ウン数年。今年は目標を持って生きていきたいなと思っています。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

タラのムニエル、サンマルクDEバースデー

タラのムニエルを作りました。レシピはうさうささんの「超簡単!うさうさレシピ 白身魚のムニエル」を参考にさせて頂きました(うさうささんはメンタイという魚を使われてます)。詳しいレシピはそちらからどうぞ~。

Dscn1874

タラって崩れやすいですね~。フライパンで焼きながら、崩れないかドキドキ。

それが、これ、久々のヒットでしたよ~。自画自賛というか(笑)うさうささんのおかげですが、とっても美味しかったです~。久しぶりに自分でも満足のいく仕上がりでしたよheart

タラがあっさりしているので、ムニエルにぴったり。バター味が旨味たっぷり。そして、白ワインとバターとパセリを合わせて作ったソースが、いい味出してくれます。バターが白ワインとちょうどいい感じに合うんです。うーん、本当に久々に美味しかったー。happy01

ダンナも「美味しい」と言ってくれました。これは、好評だったようです。

うさうささん、素敵なレシピありがとうございました~。また作ります~heart

--
もう先週末のことになるんですが、私の誕生日が近かったので、サンマルクに行ってきました。お手軽バースデーです(笑)。今はもう、誕生日は過ぎたんですけどね(笑)。ダンナの仕事が佳境に入ってるので、遠出はできなくてですね。それがなかったら梅田とか行きたかったんですけど(笑)。

Dscn1857

パン食べ放題、、、座ってウェイターさんが「パンいかがですか?」と言うので「全部ください」と言いました(笑)。ダンナも(爆)。

Dscn1858

画像の色がすごく違くてナンなんですが(汗)、またすぐ後に「パンはいかがですか?」と回ってきたので、焼きたてを2つまた頼みました(笑)。パン、パンと(爆)。

この日は新型インフルエンザの影響か、お客さんがめっきり少なかったんです。だからか、ウェイターさんがパンを持って廻ってくるのが早い早い。最初に5個も取ったのが間違いでした。サンマルクは焼きたてパンが一番美味しいので、焼きたてパンを少しずつ取っていくのが正解ですね。この日は結局、ウェイターさんもよく廻ってきたので、誘惑に勝てず、計11個も食べました(爆)。焼きたて中心です。バゲットは半分残してしまいましたが。。。(これはしちゃいけませんね)……パンは美味しかったのだけど、途中からカロリーが気になって、仕方なかった。。。_| ̄|○

Dscn1861

メインはハンバーグ デミシチュー(だったかな??)だったんですが、これが、頂けなかった。。。ハンバーグが崩れて崩れて食べにくくて、余り美味しくないし。。。見た目はいいんですけどね。何でも見た目じゃないということで?(笑)

Dscn1863

お誕生日プレート、中身は大したことないんですけど(爆)小さいけど分かるかな、「おたんじょうび おめでとう」とプレートに書いてあるんですよ。ろうそくが1本立ててあり火が灯してあって、吹き消すと「お誕生日おめでとうございます」と店員さんとダンナが言ってくれて、嬉しかったです。……プレート食べたら硬くて、これがチョコレートなら気が利いてるのに、、、と思ってしまいましたが(オイオイ)。

サンマルクってほんと、パンを食べに行くところですね。段々分かってきました(笑)。焼きたてパンは確かに美味しい。。。パンも小さめなので、たくさん食べられる、というか食べてしまう(泣)。料理はまああんなものかな、と思うようになりましたが(爆)。

デザートを食べていると、ピアノ奏者の方が「お誕生日おめでとうございます、リクエストありますか」と曲目のメニューを置いて行ってくれました。その他のリクエストも可ということだったので、曲目になかったのですが大丈夫だろうと思い、お願いしました。はい、「いとしのエリー」です。奏者の方も「はい、大丈夫です」と。ダンナには「(いとしのエリーなんて)よく恥ずかしくなく言えるな」とか言われましたが(謎)。

弾いてくださったのは、もうコーヒーを飲む頃でコーヒー終わっちゃうよ、とヒヤヒヤしましたが、「いとしのエリー」よかったですよ。ピアノで聴くのも素敵でしたnote

Dscn1864

こんなカードもくれて、サンマルクDEバースデー、なかなかよかったですheart

| | コメント (6) | トラックバック (0)

お好み焼き(リベンジ)

お好み焼き、前回、散々なことになったので、リベンジしました。今回は何とか焼けましたよ(笑)。

Dscn1873

今回は、容量を大方(汗)守って。。。
いつも通りの材料、小麦粉カップ1弱、だし汁120ml,卵1個は守りましたが、長いも30gは少なすぎるよ~と思い、90gくらい入れてしまいました(爆)。3倍、入れ過ぎですかね~。豚肉もお好み焼き用バラ肉を150gほど、、、多かったです(懲りない奴ですな 汗)。

生地を作ったら長いもが多かったせいか、すごい粘りが出ました。その中に1/4個のキャベツの千切りを入れて。フライパンに大さじ1の油を引いて、生地を敷いて、豚肉ふんだんに(汗)敷いて、また生地を敷いて蓋をします(あ、いわゆる“蓋”はしませんよ)。ごく弱火で、洗いものしながら、待つこと十数分。

まず、1回目にひっくり返したら、ちゃんとひっくり返ってくれてよかったです。で、また待つこと十数分。。。2度目にひっくり返ってくれるか心配だったのですが、フライ返しで前みたいに4等分しなくても(爆)一発でひっくり返ってくれました!ちょっと嬉しかったな~。……と言っても、ちょっとアラもあったんですけどね(汗)。なんとか隠せる範囲内(?)ということにしておきましょう。

そして、いつものようにデコレーションですが(笑)ケチャップがもうなくて、ヘンになってしまいました~。あと、今回は中濃ソースを使いました(やっとです 汗)。実はおたふくのお好み焼き用ソースもスーパーで見たんですが、小さいサイズは3枚分しかなくて高い。。。大きいソースは使い切る自信ないし、、、で、結局おたふくは見送りました(すみません、かめきちパパさん!)。

やはり育ったお袋の味ということで(笑)ケチャップにマヨネーズ、中濃ソースで味付けです。これが私の家庭の味なんですよね、ちょっとヘンかもしれないですけど。

結果、味はどうかな~自分的にはこれで上がり(!)って言うような納得のいく味ではなかったですね~。なんかイマイチなんですよね、、、生地が。豚バラ肉は、さすがお好み焼き用のせいか美味しかったんですけどね(今回は切らずに長いまま、そのまま並べました)。長いも入れ過ぎなのかな、過ぎたるは及ばざるが如しなのでしょうか。。。なんだかべちゃっとしてる気がして。

ダンナの反応はよかったです(笑)。こちらから聞くと「美味しい」と言ってました。私が「イマイチなんだけど」と言ったら「お好み焼きってこんなもん」と言っていました。大阪人のダンナにそう言ってもらったんだから、とりあえずよしとしましょうか(笑)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ナスとベーコンのチーズ焼き(失敗)、だし巻き玉子シリーズ(まだまだ)

ナスとベーコンのチーズ焼きを作りました。と言っても、本当のレシピはかめきちパパさんの「茄子とフレッシュパセリのチーズ焼き」です。パセリを買い忘れました。。。すみません、かめきちパパさん。詳しいレシピはかめきちパパさんのブログをご覧くださいね。

Dscn1872

画像がぼやけていて、チーズでごまかされてますが(?)ナスの調理加減が失敗しました(泣)。

大きな茄子だったんですよ。地場野菜とか言って、大阪産でした。まあ立派なナスで、2個だったのでちょうどいいと使ってみましたが、やっぱり大きくて切ってから「多すぎたかな……やばいかも」と思いましたが、やはり多すぎたのはよくなかったのかな。

茄子をオリーブオイル大さじ2(適宜足す)で調理するはずが、ナスが多いのでオリーブオイルが足りなくって、結局全部のナスに油をなじませる為に、大さじ5のオリーブオイルを使いました!使いすぎなんですが、、、オリーブオイルが足りなかったんだもの。。。ナスを焼くのを甘く見てました。ナスが油を吸うのは知ってましたが、これほどだとは。で、焼き方も難しい!焼きすぎてボロボロになってしまったナスもありました。

かめきちパパさんのレシピを見ると、ナスは水につけてから、よく水気を切るとあります。私は、水気はざるに開けて切っただけで、一つ一つペーパータオルで拭かなかったんですが、それがいけなかったんでしょうか??

お皿に盛ったら、油まみれのナスが。。。_| ̄|○ 油がべちゃべちゃして気持ち悪かったです。ナスって取扱いが難しいと思わされた一品でした。チーズで随分ごまかされてましたが。。。オリーブオイル大さじ5!(チーズたっぷりだし、、)カロリーを考えたくなかったです(でも大方のカロリー計算してしまいましたが 泣笑)。

--
だし巻き玉子シリーズです(笑)。今回も上手く行きませんでした。どうやったら、みなさんのように上手く作れるのでしょう??アドバイスがあったら、本当にお願いしたいです。m(_ _)m

Dscn1871

前回より後退してますかね。。。周りが焦げてしまいました。今回は、3個の卵を3回に分けて卵焼き機に入れてみました。自分的には、途中までは少々焦げていたとは言え、巻き具合は前回よりも進歩したのでは、と勝手に思っています。でも、最後の焦げはひどいですねえ。やはり、ごくごく弱火にしないといけないのでしょうか?本には火加減まで書いてません(3冊とも)。弱火にして、じっくり火を通したつもりなのですが、、、それでもまだ弱火加減が足りなかったのかなあ。やはり、火はごくごく弱火でじっくり、でしょうか。そうだとしたら、だし巻き玉子ってすごく時間のかかるレシピなんですね。。。めげないつもりですが。。

--

ダンナに感想を聞いたら「普通」とのことでした。いつもテキトーに食べてるように見えるダンナですが、やはり失敗は伝わったのでしょうね。。。まあ、納得です。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

タコライス

タコライスを作りました。レシピはクックパッドからです。詳しいレシピはそちらをご覧ください。実はこれ、マイミクさんが作られてて、いつか作ろうと思っていた一品なのです。マイミクさん、紹介してくださってありがとうございます。

Dscn1870

きれいじゃないですが、、、まあこれがいつもの私のブログなので。
クックパッドのレシピ名にもある通り、本当に簡単です。簡単で嬉しい限りです。簡単って何て素晴らしいんでしょう~(喜)。
にんにくと新玉ねぎのみじん切りを挽肉と炒めて、ソースを絡めて煮詰めるだけです。その後はお皿に、ご飯、レタス、挽肉、トマトの順に盛っていくだけ。目玉焼きもトッピングしました。画像ではレタスが余り見えませんが、けっこう入っているんですよ。あ、チーズは忘れました(汗)。

スイートチリソースなどをかけるとよいそうです(自家製サルサソースを作ってもいいそうです)。私は簡単で手短なものということで(要は手抜きです 汗)タコライス+タバスコで済ませました。タバスコって普段かけないので、どのくらいかけたらいいか分からず少しずつかけて、けっこうかけたと思うんですが辛くならないんですね。瓶から漂う匂いはすごいのに。

決して失敗がなく、美味しいですよ。手軽にできる一品です。ご飯の上にレタス、トマトというのは不思議な感じがするのですが、挽肉も一緒なので違和感なく食べられます。野菜も摂れるし、目玉焼きもトッピングすれば、栄養もバッチリでしょう。

ダンナが「ご飯の上にトマト乗っけるのやめて。別に出して」と言うので、次に作るときは気をつけなきゃいけません。。。タコライス自体は美味しいと言ってくれました。よかったです。
「これはタバスコかけて」と言ったんですが「どうやってかけたらいいか分からない」といつになく及び腰でした(謎)。「これはタバスコかけていい料理なんだよ~」と言いましたが、タバスコが活躍してくれたかどうかはいざ知らず……。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ほたてとたこの中華風サラダ、リプトンのバニラティー

ほたてとたこの中華風サラダを作りました。レシピはお馴染みのかめきちパパさんからです。詳しくはそちらでどうぞ。

Dscn1865

レシピでは、ほたては4個使用なのですが、私は生協の冷凍ものを解凍したので7個使いました。なので、ほたていっぱいサラダになりました(笑)。あ、プチトマト割愛させていただきました、すみません。経費削減です(汗)。あと、にんにくのすりおろしも。面倒だったので(爆)。こちらもすみません。洗いものが増えるのが嫌というとんでもない理由です(ダメ子です~大汗)。隠し味だったんでしょうね。

野菜はレシピ通りの分量を使ったのですが、盛り付けの仕方が悪いのか(?)魚介類が目立ったサラダになってますね(汗)。でも、サラダもちゃんと下に隠れてるんですよ(笑)。水菜、レタス、新玉ねぎです(水菜は日曜に鍋をした後の残りを使いました 水菜の鍋、さっぱりしてて今の時期にもおすすめですよ 笑)。

サラダはヘルシーでいいですね。レタスのシャキシャキ感がたまりません。オニオンスライスも、かめきちパパさんのご指導通り、水にさらすのを15分程度にしてみたのですが、ちゃんと辛味が取れてました。目から鱗です。今まで1時間近くさらしていたので。。。かめきちパパさん、いつもとても参考になるアドバイスありがとうございます!

中華風のドレッシング、いい味出してましたよ~。美味しくて何度も味見してしまいました(笑)。確かにピリ辛なの。ちょうどよくピリ辛なんです。でも、大人だったらもうちょっと辛くてもいいくらいかな?いや、でもあれが絶妙な辛さ加減な気がするなあ、やっぱり。

ほたてが美味しい~。ほたて、大好きなんです。この生協のほたて、2袋ストックがあったのですが、あっという間になくなってしまいました(泣)。生協の冷凍ほたて、美味しいんですよ。近くのスーパーだと美味しそうなほたてがないのです。。。

ダンナには感想を聞くの忘れました(汗)。でも、がっついて食べてたので(単にお腹が空いていただけかもしれませんが)美味しかったんだと思います(脳内自画自賛ワールド 汗)。

一緒にさばも食べました。この時期にさば、とか言わないでね。。。

Dscn1866

この前の魚の画像が余りにひどかったので、載せました(爆)。魚も食べてますからねっ。焼き魚ばかりですけど。。。それにしても、このお皿買ってよかったです。魚にちょうどいいですね(って魚用の皿なのだから当たり前っちゃーそうなのですけど)。
--

リプトンのバニラティーとキャラメルティー。

Dscn1867

どちらもお気に入りです。が、バニラティーが特にお気に入り。味がついてるわけじゃないですが(笑)香りがいいんですよ~。バニラティーは、バニラというより私にはショコラの香りがするんです。とってもいい香りです。バニラティーとキャラメルティーの消費量が他のアールグレイやアップルティーに比べて倍以上です(笑)。

アールグレイといえば、トワイニングの(これまたティーバックですが、、、恥ずかしながら)アールグレイの香りのよいこと!初めて飲んだときはちょっと感動しました(笑)。それに比べるとリプトンのアールグレイは劣りますね。香りが全然違うんです。でも、トワイニングはちょっとお高いので(笑)リプトンで済ませています。

でもバニラティーがあるからリプトンのティーバック、大好きなんだ~。オススメですheart

| | コメント (10) | トラックバック (1)

梅と卵の新玉オニオンスライスと新しい食器

梅と卵のオニオンスライスを作りました。レシピはかめきちパパさんのブログからです。詳しくはそちらをご覧ください。

Dscn1852

ブロッコリーのスプラウトというのは手に入らなかったので、割愛です。
新玉ねぎをやっと購入したので、作ってみました。
オニオンスライスに卵黄、梅干し、かつお節、しょうゆ、(本当はだし汁なんですが、私はだしから取らないので 汗)本つゆ少々をかけるだけです。
かめきちパパさんが言われるように、梅干しがポイントですね。

こうやって食べるとオニオンスライスもたくさん食べられるので、体にいいですね。旬のものを使った料理はいいですね、やはり。ダンナも美味しいと言って食べてくれましたよ。

--

先日ニトリで春夏用の掛け布団を買いました。ニトリって、一度よくない買い物をしたので敬遠してたのですが、今回の掛け布団はお値段の割によかったです。と言うか、掛け布団用カバーが工夫してあって(四方の掛け布団とカバーを紐で結ぶところが)使い勝手が良くなっていて、ちょっと感激しましたよ。ニトリってよく考えて作っているんですね。
いつも追加寝具は生協で調達していたのですが、生協にはそこまでの工夫はなかったのですよ。生協の寝具もいいんですけどね。
ちなみに、新婚のとき初めに寝具を揃えたのは大塚家具でした。お値段もなかなか(汗)でしたが、やはりそれだけの価値はありますよ。羽毛布団などすごくいいです。

ニトリの話に戻りますが、ちょうどお魚用のお皿と小鉢が欲しいなと思っていたので、お皿も買いました。思い切って(笑)。と言うのも、食器棚が、使い勝手が悪くて(汗)余りお皿が入らないんです。なので、決してお皿の数は多くないですが、まんぱん状態。なので、お皿を買うには勇気がいるんですよね(泣)。
お皿は、ニトリなのでモチロンお手頃価格です(笑)。どうやら日本製ではないようだけど、安かったので了承。

と言う訳で、ニトリなので(笑)お披露目という訳にはいきませんが

Dscn1851

こんなお魚用のお皿や(魚が焦げてしまってます 大汗)

Dscn1850

こんな小鉢を購入できました。
無地のシンプルな器もあったのですが、家は殆ど食器は無印で無地の食器を集めているので、今回はちょっと目先をかえて小花模様がかわいいこちらのお皿にしてみました。小花模様がアクセントになってるでしょう?

ニトリだと、お値段以上(?)なので、安心して買い物ができますね。

ちなみに、私の料理は最近洋物に偏ってた感じでやばいなと思ってたんですが、ちゃんと魚も食べてますので、ご心配なく(笑)。魚は焼いてばかりなので、ネタにはできませんが。。。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

マグロとホタテのカルパッチョとポテトのジェノバソースソテー

マグロとホタテのカルパッチョとポテトのジェノバソースソテーを作りました。
まず、主菜のマグロとホタテのカルパッチョから。
参考レシピは、かめきちパパさんの「SAKE TO RYOURI」からです。詳しいレシピはそちらからどうぞ。

Dscn1849

前回は、ホタテのみで作ったのですが、今回はマグロが手に入ったのでホタテとマグロの切り落としで作りました(どちらも生協で調達しました お刺身系は生協の方がグッドなのです)。マグロの切り落としは薄切りだったので、そのままで。ホタテは半分に薄切りにしました。バルサミコ酢とオリーブオイルであえています。切って浸すだけの簡単料理!かめきちパパさんは前菜にいいのではと書かれてますが、私は立派な主菜に持ってきました(笑)。だって、単価はかかってますしね(笑)。私が作ると、どうもかめきちパパさんの画像のようではなく、液体でひたひたになってしまうのがちょっと気になるところです。

バルサミコ酢は最初食べたときはちょっと驚きました(笑)。独特の風味があるんですよね。今回は2度目でしたので、驚きはしませんでしたが、やはり独特の風味があるなあと思いながら食べました。ホタテは大好物なので、美味しい。オリーブオイルとあえてあるので、優しい味わいです。バルサミコ酢は慣れてくれば、まあこんなものかなという感じです(笑)。簡単で、かつオシャレな一品ですよ。私は気に入りました。また作ります~。

ポテトのジェノバソースソテーは、うさうささんの「超簡単!うさうさレシピ」からレシピを参考に作りました。詳しいレシピはうさうささんのブログをご覧ください。

Dscn1847

うさうささんは、バジルからジェノバソースを作られてるのですが、私はそんな器用なことはできないので(笑)市販のバジルソースを代わりに使って作ってみました。

画像を見ると、それなりにうさうささんに近い(?)ものができているようにも見受けられますが。。。やっぱり市販のものは市販のものですね。と言うか、バジルソースも市販でも美味しいソースって売ってるんですよ。この前まで売ってたように思うんですけどね。それがなくなってたので、仕方なくパスタ用の安っぽい(爆)バジルソースで代用。それがいけなかったんだろうな。。。

ポテトはモチロン新じゃがを使いました。レシピでは皮つきとありますが、潔癖症の(?)私は皮はむいてしまいました(>うさうささん、ごめんなさい)。レンジで500wで2分加熱しましたが、火が通ってなかったので、さらに1分。計3分加熱しました。

こちらも超簡単でした!簡単で嬉しい!じゃがいもがレンジでチンできるとラクですね~。後は、ジェノバソースと炒めるだけです。

こちらは、、、先ほども書きましたが、きっとうさうささんの手作りのジェノバソースで作ればとっても美味しいんだと思いますが、やはり市販のパスタソースで代用しただけあって、味はそこそこでした。。。バジルの風味が殆どしなかったんですよね、、、残念ですっ。味が薄かったので(私の調合ミスです)クレイジーソルトをかけて、いただきました。ポテトがちょっと硬かったかなあ。あと30秒くらい加熱してもよさそうです。もしくは、600wで加熱してもいいでしょうね。

でも超簡単で感動しました!バジルソースさえなんとかなれば、美味しい一品だと思います!

と、今回も簡単料理でしたが、、、どちらのレシピにもサンクスです、かめきちパパさん、うさうささん、ありがとうございます~。

--
ダンナが出張先から夜遅く帰ってきました。ポテトのジェノバソースの感想を聞くと「美味しい」と言うので、私が「ほんとに美味しい?私は普通だと思った(だから)何でも美味しいって言ってるんじゃないの」みたいなことを言うと、「美味しいと言ってるだろう!美味しくなきゃこんなに速いスピードで食うか」と怒られてしまいました(泣)。ホタテとマグロのカルパッチョも、美味しいと言ってました。独特の風味がしないかと尋ねると「しない、美味しい」の一言でした(笑)。せっかちな人なんでね、、、仕方ないです。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

釜玉うどん2

昨日は、夫が神奈川に出張だったので、一人寂しいご飯でした(泣)。いや、たまならいいんですよ、たまならね。今までは、夫が出張や飲み会というとすんごく(笑)嬉しかったんですが、昨日はなんだか寂しかったなあ。ご飯ラクできたのはいいんですが。。。(いいんかい!)

というわけで(どんなわけだ)、昨日は釜玉うどんです(笑)。一人だとちゃんとしたご飯作ろうとしないダメ子です。自炊、、、簡単なものになってしまいますー。一人でもちゃんと自炊されてる方を尊敬します!!

Dscn1846

汚いですけど。釜玉です。前回は、卵が液状のままだったんですね。それに比べたら、ちっとは進歩しました。多分。今回も冷凍うどんで作ったんですよ。家で食べるなら、冷凍うどんが簡単で、コシがあって旨いですからね。

毎回暖かい(?)コメントをくださるひろさんが、前回、コメントにて釜玉の必勝法を伝授してくれました。

>冷凍うどんで釜たまを作るときはあらかじめ麺を茹でるためのお湯を丼に入れてその中で卵を温めておきます
>汚いと思うなら別の容器でもいいです

というものです。早速試してみましたとも!ひろさん、ありがとうございますっ。

私はボールに熱湯を入れて、そこに卵を入れました。うどんが沸騰してゆであがった頃、卵を丼に入れてみたら、ちょっと半熟になりかけてるところがある~~。おもしろーい、とか言ってる場合じゃありませんね(笑)。

そういえば、前回の反省では、ゆでたてのうどんをそのまま丼に入れる、とあったのをすっかり忘れて、また同じように、きれいに(笑)お湯を切ってからうどん投入してしまいました。それがどの程度影響していたか分かりませんが。。。

しかし、前回よりは確実に卵が麺に絡まっています。とろりとしています。若干、卵液が残りましたが、随分マシになったものです。そこにねぎをトッピングして、しょうゆを一回し、いや、二回ししていっただきます~。

麺にコシがあります。家庭なら、冷凍うどんで充分美味しいのではないでしょうか。卵がとろりと絡まって、なかなかに美味です。最後、卵液が残ってしまったのですが、それがまた旨いのです。青ねぎは、入れた方が格段に美味しいですね。……となんだかベタ褒めしてますが、所詮、家で作った釜玉ですから、てか、釜玉ですから(笑)。超庶民の味ですね。

……と、寂しい一人女の夜の出来事でした(笑)。

--

そういえば、最近休日の昼によくダンナに釜玉を出すんですが、「普通の(汁の入った暖かいうどん)がいい」と言われてしまいます。。。まあ、好みがありますからね。釜玉美味しいと思うんだけどなあ。……って、押しつけちゃいけませんね(笑)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

お好み焼き(失敗)

お好み焼きを作りました。今回は、ちょっと欲張り、豚・イカ玉です。以下、下手に長文です(爆)。
それが、失敗しちゃったんですよ~。お好み焼きで失敗とはお恥ずかしい限り(涙)。
しかし、このブログはこれまで数多くの失敗も載せてきました。今回もそれに逆らうようなことはしません。。。(号泣)

Dscn1843

画像では分かりにくいかもしれませんが(いや、とっても分かり易い??)かなりの失敗作です。前回作ったときはまあ普通に食べられたんだけどな。今回は……。_| ̄|○

今回は最初から失敗って決まってたようなものだったのかも。。。材料の時点で。
まず、長いもを用意するのを忘れました。あちゃーと思ったんですが、どうしようもなく。

本当はタネは、小麦粉1カップ弱,だし汁120cc,卵1個,長いも30g,なんですが、何を思ったか「長いもがない分卵を2個入れてみよう」という訳の分からない結論に。

この後、どうなるかも分からない私は楽観的に「風月のお好み焼きは1人分卵1個使ってるから、美味しいはず~」と浮かれたアタマのまま調理し始めました。

キャベツが今回多かったんです。2人分で1/4個ですが、多いですかね??そんなに多いとは思わないのですが。。。キャベツも多くて、生地と混ぜると前回と違う。「なんだか風月のキャベツの多い生地に似ているかも??」妄想は膨らみます。

今回は、豚バラ(お好み焼き用)とロールイカの2種、具として入れました(ロールイカは以前、ドミグラスソースとあえて散々なことになってます)。

なぜこの地域のスーパーに冷凍ロールイカがあるのか分かった気がします!きっとお好み焼き用です!!だってお好み焼きにぴったりなんですもん。まさにイカ玉用と言っても過言ではない気がします。だからこんなものを売ってるのか、、、さすが関西ですなあ(と勝手に決めている)。

フライパンにキャベツ入りの生地を敷き、切ったイカ、豚バラ(こちらも食べやすいように細かく切りました)を、、、おっと、豚バラが多すぎです(爆)。てか、イカで十分では(?)と言う感じです。切ってしまったし、もったいないので豚バラを何層か、重ねました。その上に、ちょっとだけ残っていた生地をかけました。

油を少し多めに敷いたせいか、ひっくり返すところまでは上手くいったんです。卵が多かった分、生地が黄色くなってます。その後、また表にひっくり返そうと思ったら、豚バラやイカがバラバラになっている!!一瞬見たけど、豚バラが何層にも重なって気持ち悪い!トラウマになりそう~(泣)。……気持ち悪い描写ですみません。

それは見なかったことにして、もう少しだけ焼いて火を通して、しばらくしてからもう一度ひっくり返しましたが、やはり豚バラはバラバラになってしまっていて、ひっくり返してもくっついてきませんでした。これはブログに載せられる代物じゃないと思いながら、諦めました。

で、お皿に盛りつけですが、仕方なしにバラバラになった豚バラとイカを焼けた生地の上に乗せたので、表面がでこぼこです(涙)。ケチャップとマヨネーズとソースで適当にごまかしていますが(……って、ごまかしきれない??泣)。

やっぱり分量はきちっと守らないといけませんね。長いも入れなかったり、卵勝手に2個入れたり。。。何より豚肉の量が多かったですし。豚肉の量を守っていて、その上にきちっと生地で蓋をしておけば、大丈夫だったんでしょうね。それらが守られていませんでした、、、反省です。

食べてみましたが、ウスターソースなんかをかけたものだから(前回もかけてますね~)水気が出てしまい、ヘンな感じです(いい加減中濃ソース買ってこいや)。それ以外は、普通です。具がぐちゃぐちゃですが、口に入れてしまえばお好み焼きです(笑)。

ダンナに聞きました。「美味しい」と言ってくれました。。。形についても何も言わず(興味ないんでしょう)、口に入ってしまえばお好み焼きですから。。。お腹いっぱいになれば満足してくれるダンナですから。。。

リベンジしますよ~~。しかし、お好み焼きでリベンジって(涙)。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

今日のお花

今日のお花シリーズ(笑)です。
今回は、前回の分も含めてお届けします。

Dscn1805

これは、随分前に(笑)飾っていたものです。
ピンクのスプレーカーネションとグリーンはブプレリュームと言います。舌噛みそうですね(私だけか 笑)。
このブプレリューム、よかったですよ。グリーンがあると空間がパッと華やぎますね。華やぐというと花みたいですが、グリーンも華やいだんですよ。グリーンもとてもいいものだな、と実感しました。ピンクのスプレーカーネションとの組み合わせもかわいいくて、気に入ったものでした。
でも、グリーンは少し時間が経ったらかぴかぴになってきちゃったんですよね。。。ちょっと残念でした(涙)。

Dscn1834

ピンクが小菊、紫がスターチスです。今まだ咲いていますよ~。
これ、小菊がピンクに色鮮やかに写ってますが、本当はピンクじゃなくて、紫なんです。なんでこんな色に写ったのか分からないんですけどねえ。スターチスももっと濃い紫です。なので、実際はもっともっと暗い色合いのコンビです(笑)。仏花としてはちょうどいいかもしれませんね。

お花を飾るっていいものですよね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ポトフ

ポトフを作りました。
参考にしたのはクックパッドのこちらのレシピです。

Dscn1841

こーれーが、もう目から鱗でした!鍋より簡単です、はい。

ポトフはフランスの家庭料理で、ぜひ作ってみたいと思っていた一品だったんですが、圧力鍋を使うと本当にこんな簡単にできるんだ、と感激しました。モチロン簡単なのが目的で作ってみたかったのですが……(笑)。

材料をざっくり切って、圧力鍋に水と一緒に入れて、おもりが揺れてから1分加熱するだけ。その後は、5分そのまま置きました。その後、また水を入れて温めただけです。レシピ通りでは味が薄かったので、コンソメをもう1つ追加しました。後は塩こしょうで味を調えるだけ。

もーー、簡単でしょう~~。感激です(涙)。お忙しい方にはうってつけの料理ですよ。オススメです~。私は別に特段忙しい訳でもないのですが(爆)こんなのばっかり作っています(汗)。

圧力鍋ってすごいですね~。1分加熱しただけなのに、にんじんも火がしっかり通っていて、感激です。ソーセージも美味しそうにふっくら仕上がりました。

(……でも、圧力鍋でないと作れないのも困るので(笑)、今度は普通の鍋でも作ってみようかな)

食べてみて、ポトフって野菜中心の煮込み料理ですから、最初から味は期待してなかったで、やはり、まあこんなものかなという感じでした。でも、キャ ベツも柔らかくて食べやすかったし、にんじんは甘みを感じました。素材本来の味を楽しめるという感じです。じゃがいもも程よい柔らかさ。ひとつちょっと苦 手だったのが、玉ねぎですかね。玉ねぎはちょっと硬かったかなあ??玉ねぎ自体の味を食べるという感じなので、これは素材として、ちょっと苦手でした。 ソーセージは生協で買った無えんせきのものなのですけど、ガーリックが効いていて味も濃くておいしい。圧力鍋のおかげか(?)ふっくらできあがっていまし た。

ポトフってすごく美味しい~ってものじゃないけれど、野菜が摂れるので、体にはいいですよね。油も一切入ってないし。しいて言えばソーセージですけ ど、これも貴重なたんぱく源ですしね。難を言えば、高脂質ですが、私はそこまで眼くじら立てないです(笑)。全般的な料理としては、栄養は整っていると思 います。で、簡単なら言うことないですよね!

ダンナに聞いたら、「これ(ソーセージ)は味付いてる」と言う(笑)。そりゃソーセージは味付いてるよ、と笑ったんですが(苦笑)。でも「美味し い」と言ってくれました。私が「これはこれでこんなものだと思うでしょ」としつこく(?)聞くと「美味しいと言ってるじゃないか」と少々イラチモードに (泣)。しつこく聞かれるのが嫌なんですね、はい、分かりましたよ~(いい加減分かれや 笑)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

初物チェリー、季節感のない鍋…

初物と言うことで、アメリカンチェリーです。売り出ししていたので。私にしてはめずらしく季節の話題です(笑)

Dscn1839

アメリカンチェリーは美味しいですね。日本のさくらんぼもいいですが、私はアメリカンチェリー派です(笑)。佐藤錦なんて食べたことないですし。。。

いつもありがたいコメントをくださるpersianさんもチェリー、召し上がってます。

--

はい、そして季節感ない我が家らしい、鍋もしましたよ~。
常夜鍋です。

Dscn1838

常夜鍋って美味しいんですよね~。私、大好きです。毎晩食べても飽きない、、、というところからこの名前がついたそうですが、それも分かるような。。。(毎晩ではいくらなんでも飽きるでしょうけど、ご愛敬ということで)

材料も簡単です。豚バラ肉、ほうれん草、焼き豆腐、えのき、だけです(笑)。
ほうれん草は、シュウ酸の関係で、そのまま放り込まず、先に別の鍋でゆでてから入れるようにしています。ひと手間かかりますが、そのまま煮込んでしまうとシュウ酸が出て、カルシウムの吸収を阻害してしまうそうなので。

このほうれん草、105円だったんですよ。そのせいか(?)どうも品質が良くなかった気がしました。ほうれん草でそんなこと思うのは初めてじゃないかな。やっぱり安かろう悪かろう、なんでしょうかね。

豚バラ肉が美味しいですよね~。いつも、しゃぶしゃぶ用を使用しているのですが。今回も特売になっていたので、安価で買えました。

昆布だしを取って、ゆずポンで頂いたのですが、何度も言うようですが豚バラ肉がなんとも美味しい。豆腐にえのきにほうれん草と、これまた栄養価も揃っています。豚バラがヘルシーじゃない、、、とも言えますが。ま、そこは許してやってください(笑)。

さすがに、5月も半ば、鍋も暑くなってきました。ダンナに聞くと「別にそうでもない」と言っていましたが。夏にクーラーを効かせて食べるのはいいと 思うのですが、その過渡期(クーラーをかけてない時期)が鍋は段々辛くなってくるかなと思いました。。。なら、鍋やめればいいじゃんと言われそうですが (笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

たこブロッコリーのパスタ、チキンのガーリックソテー

たことブロッコリーのパスタを作りました。いつも簡単なものばかりでお恥ずかしい限りです。。。
いつも愛用(笑)の「オレンジページ 基本のイタリアン とりあえずこの料理さえ作れれば②」からレシピを参考にしました。

何度も言うようですが、この基本シリーズ、今も売っているんですね!ちょっと感激です。基本と言っても、本当に超初心者向けというより、レビューにもありましたが、基本+αという感じです。私は、その中から簡単なものを選りすぐりしているんですが……(汗)。でも、なかなかいいシリーズですから、みなさんもよかったら参考になさってください!

私は「基本のお菓子」という本が欲しいなあと思っているんですが。。。(でも、お菓子は昔作ってたけれど、初心者のようなものだから、もっと簡単な本の方がいいかなと思ったりもしますけど……)

Dscn1832

先日、いつも素敵なアドバイスをくださる方がコメントで、麺(パスタを含む)の塩は沸点を上げる為なので、分量は関係ないんじゃないか、とのことだったのですが、私のイタリアンの本には塩は湯の1%の分量入れる、とあります。なので、私は大さじ5の塩をゆで汁に入れてるんですが、やはりその必要性はあるのでしょうか?アドバイスいただけると幸いです。よろしくお願いします。

大さじ5の塩を毎回入れるってけっこう気にはなってるんですよね。。。塩もタダじゃありませんから(爆)。

先日、スーパーでたこが安くなっていて、そういえば、レシピ本にたこのパスタがあったなあと思い、買いました。やはりレシピが思いつかないと買い物も上手くできないので、まだまだ料理下手な私は、いろんなレシピの情報を取り入れていかないといけませんね。

さて、たこブロッコリーのパスタは簡単そうで、ちょっと手こずりました(笑)。レシピは著作権のこともありますので詳しくは割愛しますね。

ブロッコリーを最初に炒めて焼き色を付けるのですが、思ったより時間がかかりました。まあ、これは大したことではないのですが。そうそう、にんにくは2かけ使うんですよ~。嬉しいでしょう(にんにく好きなので 笑)。

ゆで汁を200ml入れて、ブロッコリーに火を通します。これが、なかなか火が通らなくて。けっこう、煮詰めました。ブロッコリーが硬かったら食べられませんもんね。いいかな~と思っても、まだかな~と思い、、、なんとか柔らかくなってきましたが、ちょっとゆで過ぎた感があるかもしれません。その後、たこを加えて炒めました。それはサっと火を通す程度で。

食べてみましたが、たこは小さく切る、と書いてあるのを見過ごしていたのですが、小さく切る意味が分かりました!ちょっと大きめなだけで食べずらいのです(笑)。確かに小さく切るべきだったなと思いました。ブロッコリーは先ほど書きましたが、ちょっとゆで過ぎだったかな。でも、あれで丁度柔らかくていいという気はしました。

夫は、例によってタバスコをたくさ~んかけて食べていました。。。もう何も言いませんでしたが。。。味を聞くと、「美味しいけど、ブロッコリーが苦手なんだよね」と。なんでもブロッコリーの形状の粒々なのが気持ち悪いとか言うのです。そんなこと言われたらこっちまで気持ち悪い気がしてくるじゃありませんか!!ブロッコリーがかわいそうです(泣)。ドリアにかかっていたブロッコリーも苦手だったとか。何を言われようとも、ブロッコリーは出し続けますよ(爆)。

--

チキンのガーリックソテーをまた作りました。前回はこんな感じでした。今回はこんな感じで。

Dscn1835

前回のレモンが省かれてます。まあ、こんなものです。。。特に必要ないと思ったので。。。

焼いてる途中、肉汁がすごいでてたので、本通りペーパータオルでふき取ったんですが、3枚ほど使いました。火が通ったら、弱火でもう一度皮目を焼くとありますが、カリっと行きませんでした。なんだか柔らか~いチキンソテーができました。。。

カリっと焼くにはコツがいりそうですね。そのコツは本にも載ってないし、難しいです。個人的にはジューシーだったし、まあこれでいいかと思ってしまったのですが(向上心なし)。

ガーリックが効いていて、そこは美味しいですね(自画自賛)。

夫は一応「美味しい」と言って食べてくれました。ちょっと塩気が足りなかったかな、と思ったのですが、あの夫が塩やら香辛料やらをかけないで完食してくれたので、ちょっとびっくりしました。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

鮭とブロッコリーのホワイトシチュー

鮭とブロッコリーのホワイトシチューを作りました。レシピは「オレンジページ 基本の洋食 とりあえずこの料理さえ作れれば③」を参考にしました。この本、かなり昔に買ったのでもう売ってないのかなと思っていたのですが、売っているんですね。いい本はいつまでも残るということでしょうか。

Dscn1829

で、アマゾンのレビューをちょっと見たんですが「(基本と言うけれど)初心者向けというより上級者向け(>要約です)」とのレビューがあり、思わず納得。。。同じく持っている「オレンジページ 大切な人に作りたい!はじめてのおかず」に比べて、難しいレシピが多いですよね。しかし「オレンジページ 大切な人に……はじめてのおかず」もまだ売っているんですね!これには感激しました。こちらもかなり昔に買いましたが(ほぼ同時期かな?)本当に初心者向けで、料理初心者の人にはとてもオススメです。私は今も、愛用してます。。。

で、今回は「基本の洋食」の「ミートボールのホワイトシチュー」のレシピを参考にして作りました。最初から、生協で購入した「皮とり秋鮭」(小型の鮭の骨や皮を取り除き、使いやすいようにしてあります)とブロッコリーがあったので、これは「シチュー!」と季節柄も何も考えず(爆)決めてたのでした。前にも「ホワイトシチュー」作ってますね~。。。あのときはクックパッドを参考にしたのでした。ホワイトソースを作って。あれはあれで美味しかったです。

Dscn1830_2

今回はホワイトソースなしです!レシピがそうだったんだもん~(笑)。食べるのは2人ですが、4人分作りました。

煮汁(水600ml,コンソメ粒状小さじ1,白ワイン大さじ4)に、鮭、にんじん2本、玉ねぎ1個、マッシュルーム5個入れて、15分ほど煮る

小さい器にバター、小麦粉各大さじ2を入れて、フォークでバターを切るようにして、粉と混ぜ合わせる(ブールマニエという)

煮汁に塩こしょうし、牛乳400ml混ぜてひと煮立ちさせる

煮汁を少し取ってブールマニエに加えて溶かし、鍋に加えて混ぜる 最後に生クリーム100mlを加えて仕上げる

ブールマニエって初めて聞きました。ちなみに、バター大さじ1ってよく見かけますが一体何グラムなの、って思いませんか??私は常々思っていたんですが、今回は15gと換算し、計60g使いました。でも、教えてgooでは12~14gとの回答が寄せられてます。バターを大さじで測ったりしませんよねえ、普通??(謎)グラム数で書いてくれればいいのになあといつも思います。

それで、ブールマニエですが、ひたすらバターに小麦粉をまぶしてフォークで切るようにして混ぜていくんですが、これがきつかったです!甘く見ていました~(涙)。なんというか、思いっきり力仕事なんです。いくらフォークで切っていっても、なかなかバターがなくならない。。。最後の方は手がしびれましたよ(爆)。ただでさえ右手が最近調子が悪いのに、しびれた時点で、かなり適当にやりましたが、でも一応それらしいもの(?)は作ったつもりです(笑)。

ホワイトソースとどちらが楽かな~(?)とちょっと考えさせられましたよ~。でも、ホワイトソースを作らなくても、ブールマニエでホワイトシチューができるというのは新鮮でしたし、いいような気もします。

ちなみに、生クリームはレシピだと大さじ6なので、90mlなのですが、私は1パック全て使いました。

バターは60gと言っても、(一人一度に食べる分)4で割れば15gだし、生クリームも4で割れば25mlなので、それほど大変な量と言う訳ではありません。それで勝手に納得して、作りました。(最近クリーム系が多くてすみません。。。>と言うか、謝るべきはダンナでしょか??)

そうそう、味見をしたら味が殆どなかったので、一生懸命塩をちょっとずつ足していって、味を調えましたよ。

できあがりは、いつもながら自画自賛ですが、それなりに美味しかったかな(敷居が低い私なので 爆)。これならサンマルクになら負けないぞ、なんて思ったり(とんだ思い上がり??笑)。塩を調節した甲斐があって、ちょうどよく仕上がりました。

ダンナに感想を聞いたら「美味しい」と言ってくれました。一緒に納豆も食べてましたが。。。

--

そして、せっかく(笑)4人分作ったお決まりのメニュー、ホワイトシチュードリアです。ハハ。。

Dscn1831

なんだか慌ててて(笑)下にお皿を敷くのを忘れていました(汗)。

バターライス(ボールで暖かいご飯にバターを混ぜて塩こしょうしただけです)をグラタン皿に入れ、真ん中をちょっとへこませ、卵を1個ポトン。上から前日のホワイトシチューをかけて、残しておいたブロッコリーをトッピングし、チーズを。。。が、チーズをパラパラとかけていたんですが、何か黒い、、、そうです、カビが生えていたんです!!びっくりです~。そんなに長く保存していたでしょうか??きれいなタッパーに入れてたんですが。。。チーズってもたないんだなあと痛感させられました。これから気をつけます!!

かけてしまったチーズは大丈夫だったか、と心配になりましたが、もうどうにもなりません(一応、見た範囲ではカビはなかったです)。

で、焼いて食べたんですが(食べるんですね、はい……)卵が途中でドロリと黄身が出てきて、思いっきり火が通ってない~~。半熟にさえなってなかったのではないかな。あれはミステイクだったと思います~。

それにしても、シチュー単品ならまあいいかなと思うんですが、ドリアにすると、まずバターライスを作るし(バターは少量ですが)、シチューの上にチーズをかけるので、カロリーや脂質が気になりますね。と思いながらも、美味しく、かつ、シチュー作った次の日が楽できるので(爆)いつもシチューはたくさん作ってしまう私です。。。

ダンナに聞いたらやっぱり卵に火が通ってないと言ってましたが、美味しいと言ってくれました。この日は自発的だった気がします。めずらしいです!(喜)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

鶏肉とガーリックきのこのパスタ

鶏肉とガーリックきのこのパスタを作りました。参考にしたのはこちらの本です。

Dscn1828

美しいままでしょう~(爆)。パスタのレシピがたくさん載ってます。これから作っていくつもりですが……(汗)。
前日のチキンとたっぷりきのこのクリーム煮で、きのこがたっぷり残っていたので、この本のガーリックきのこというレシピを参考にすることにしました。鶏もも肉が150gも残っていたので、鶏肉も入れることにしました。

Dscn1827

なんか汚いですね、お目汚し、スミマセン。最初に、鶏肉をオリーブオイルで炒めて、火が通ってからきのこを入れました。しめじ1/2パック、しいたけ2個、エリンギ1本、マッシュルーム5個、前日のクリーム煮からクリームを抜いたパスタ版ですね。材料まるっきり同じですし……。

それが、このレシピ通りだと、パスタをゆがくお湯が4Lなんですが、測ったら家のパスタ鍋の1/3くらいの量なんですよ~。仕方ないから、塩も規定の2倍入れて大さじ4も入れてしまいました。もったいない。。。(泣)しかし、4Lってどんな鍋で、量でゆがくんだろう(謎)。

きのこがしんなりしたら、スパゲティのゆで汁を200ml入れて煮詰めるんですが、このさじ加減がけっこう難しかったです。きのこって熱を入れ過ぎると茶色い汁が出てくるのですが、案の定(?)茶色くなってしまいました。盛りつけたら、茶色い汁が出てくるんです(写真のは見えてないですが)。

パスタのゆで汁の塩気で食べるのかなあと思ったので、思いっきり煮汁をかけましたが、どす茶色の煮汁が出てきて、食べててこれは汚いなと思いました。難しいですね。ちなみに、本のパスタはもちろん美しく透明です(笑)。余り、煮汁をかけない方がいいのかな、とも思いました。

鶏肉は、あってもなくてもいいけれど、なくてもいいかなと思いました(笑)。やっぱりきのこの食感だけで食べた方が美味しいでしょうね。

ちなみに、きのこの切り方も注意しなくちゃいけないんですね~。本のきのこの切り方を見てたら、しいたけは私みたいに縦に切るんじゃなくて、縦・横に4つ切りにしていました(早く気づけや)。きれいな盛り付けも料理のうちですよね~。。。私はまだ盛り付けにまで手(いや、頭)が廻らない状態です。

オットは、私が「味が薄いよ」と言うと、クレイジーソルトとタバスコのどちらをかければいいのかというジェスチャーをしたので、クレイジーソルト、と言うと、クレイジーソルトをじゃんじゃんかけていました。その後、「タバスコかけさせてくれよ~」と言うので「(これはタバスコは合わないから)ダメッ」と言いましたが「疲れてるから刺激物が欲しいんだ、お願いだ~」と言うので、そんなことを言われたら禁止しようがありません(爆)。オットは喜んでタバスコかけてました。。。

私が「そんだけクレイジーソルトとタバスコかけて、味も何もないでしょう」と言うと、「いや、美味しい。(ベースが)美味しいのは分かってる」という、よく分からないことを言っていました(謎)。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

チキンとたっぷりきのこのクリーム煮2

チキンとたっぷりきのこのクリーム煮を再度、作りました。レシピはかめきちさんのブログからどうぞ。
何を思ったのか、生協できのこを大量に買ってしまい、きのこと言えば、こちらのレシピが思いついたので、かつ前回美味しかったので、作ってみました。
前回はブラウンがかってしまって、ちょっと見た目に失敗だったのですが、今回はこの通りです。

Dscn1826

以前に比べれば、随分マシになりました。ちゃんとホワイトです!!

きのこは、エリンギ2本、しめじ1/2パック、しいたけ2個、ブラウンマッシュルーム6個で作りました。鶏肉は約300gを半分に切って使いました。

生クリーム200cc(2人分)使うので、カロリー等が気になるところですが、具がきのこなので、いいとしましょう!!(ってエラソーにすみません>かめきちパパさん)

鶏もも肉ときのこの食感にまったり生クリーム(と牛乳)が相まって美味しい~。(自画自賛ですみません、と言うより、かめきちパパさんのレシピは美味しいのですheart)でも、前回も書きましたが、具がきのことチキンなので、生クリームもしつこくないんですよね。とってもグーです。

ダンナに「どう?」と聞くと「旨い、旨い」と言って食べてくれました(かめきちパパさん、ありがとうございますheart)。でも美味しいなら、自分から言ってくれればいいのにね。まあ、聞いたら言ってくれるので、いいとするか。こればっかりはコントロールできないので(泣)仕方ないですね。。。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

イカのドミグラスソース煮にパセリライスを添えて

イカのドミグラスソース煮とそれに添えるパセリライスを作りました。レシピは栗原はるみ著「たれ・ソースレシピ」からです。

うむ、(下の画像)こ、これは……素晴らしい出来だが、、、

Dscn1822

はい、栗原はるみさんの本の画像ですよ~(笑)。「こんなものができるのかな~」と楽観的に期待していたら私のはこんなものでした。はい、こちらです。

Dscn1820

あひゃ~、全然違うでしょう~(大汗)。イカの切り方でこんなにも変わってしまうとは、、、怖いですね~。……それだけじゃないだろう、とか言わないでね!(笑)

レシピは簡単なのですよ(いつもそんなのばっかりですが 汗)。
(著作権があるので、詳しいレシピは割愛しますが、詳しく知りたい方は本をお買い求めください 1冊あると便利ですよ 私は何の回し者でもありません 笑)レンジドミグラスを作って(トマトケチャップやトンカツソース、赤ワインや粒状コンソメ、玉ねぎのすりおろしを混ぜてレンジでチンして少量のバターを混ぜるだけ)、イカとにんにくを炒めてから白ワインで煮詰めて最後にレンジドミグラスを加えて味を整えるだけです。

パセリライスも簡単。コンソメやローリエ、塩こしょうなどで味を調えて米を炊き、炊きあがったらパセリのみじん切りを混ぜ、バターを加えるだけです。
この、パセリライスがなかなかいい感じでした。炊きあがり、なんともいい香りがするんですよ~。味見してみましたが、味付けという感じではなく、風味づけだけなので、強い塩気とかありませんから、本当に単に風味のあるライス、という感じです。でも、いい香りなんですよ。heart

それが、肝心のイカですが、とーってもお恥ずかしいのですが、私イカをさばけないんです(滝汗)。実家にいる頃に母に何度か習ったんですけどねえ、、、すっぱり忘れてしまいました。(また帰省した際に教えてもらうかな。覚えられるかな 爆)なので、スーパーにロールイカといって、既にさばいてあるイカを売っていたので、そちらを使ったんです。そしたら、解凍してまな板の上に開いてみたら、まあ~きれいな(笑)四角形をしていて、上記のフォトのような切り方しかできませんでした。はい、全部イカをさばけない私のせいです。。。(泣)
栗原はるみさんの出来上がりだと、ちゃんとさばいて、胴体を輪切りにしてあるんですよね。切り方だけでも、仕上がりにこんなに違うんだ~と思いました。かつ、味も違うと思います(泣)。

で、これ、量もレシピ通り作りましたが、パセリライスに比べて、ドミグラスソースが少ない!これはハッキリ言わせてもらいます(笑)。(ん?もしかしてイカが少ないのと関係してるかもしれないですけど)

味の方は、レンジドミグラスは、やはりレンジドミグラスですね、、、味に限界があるように感じます。殆どケチャップととんかつソースですからね(爆)。パセリライスとあえると、パセリライスの風味の良さがケチャップ味で飛んでしまう感じ。ちょっと残念です。パセリライスは、残った分をクレイジーソルトをかけて食べてみたら、美味しかったです。こちらだけでぐんぐんイケそうな感じです。危険かつ、邪道ですな(笑)。

ダンナに感想を聞いてみると、、、ちょっと考えて「……普通かな」でした。これは新鮮です(笑)。いつも「美味しい」か「旨い」しか言わないダンナが「普通」です!私も、こちらの料理はそれほどでもなかったので、ダンナも一応味の違いが分かるんだと(爆)かえって嬉しかったくらいです。「ケチャップ味だよね?」と言ってました。ピンポーンです(笑)。
私が「パセリライスは美味しいでしょう?」と聞くと「ソースの味で分からない」と言われてしまいましたが。。。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

骨休み…

こんな日もあります……ということで。と言うか、いつも大したものは作ってないですけど。

Dscn1824

夕飯は鰹のたたき、ほうれん草のおひたし、あさりの味噌汁、納豆だけでした。
なんだか疲れ気味だったので、簡単に済ませました。
ちなみに鰹のたたきは2人分です。
献立としては地味ですが、鰹、ほうれん草、あさり、納豆と体にはいいものが食べられたかなとは思いました。
料理の骨休みが、肝臓のお休みにも繋がったという感じでしょうか。夫も「体に良さそうだ」と言っていました。

鰹もあさりもほうれん草も全部、生協で頼んでいたものです。鰹は冷凍庫に入らなかったので、急きょ常温で解凍しました。大丈夫だったかな??あさりは酒蒸しにしたかったのですが、量が足りなかったので味噌汁にしました。ほうれん草は、いつものスーパーで買うものよりおいしい気がしました。茨城産の有機栽培ものだったんですけど。。。

今回は、お米を10kg頼む為に、生協でいろいろ買い込んだんです。おかげでけっこうな請求書が来ました。軽く脱力です。。。

--

ちなみに、今日のお昼にダンナに釜玉を出しました。前に出したとき「普通のうどんの方がおいしいから(もうこれは嫌だ)」と言われてたので、出す時に「出されたものは文句を言わないで食べてよ」と釘を刺したのですが(悪妻です 爆)食べてみたらそれなりにそれなりだったようで、ちょっと安心しました(笑)。

ダンナ「香辛料の味がする」私「何も入ってないよ、味付けはしょうゆだけ」ダンナ「これは何かの味に似てる……」と考えながら食べる。食べ終わる直前に「卵の味がするからカツ丼に似てるんだな」という訳の分からない結論に(謎)。

ともかく、釜玉大丈夫だったようでよかったです。前は何だったんでしょうね~。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

ガーリックトースト

ガーリックトーストを作りました。

Dscn1816

パセリがいっぱいすぎです(笑)。

めずらしく自己流なので一応レシピを。とっても簡単なのです。heart

1 バゲットは全体の半分を目安に切って、マーガリンを塗っておく(バターでも可)

2 にんにく大1かけと、パセリ適宜をみじん切りにする

3 耐熱容器ににんにくとオリーブオイル大さじ3を入れ、ラップをし、500wで1分加熱する

4 3にパセリを混ぜ合わせ、塩も少々混ぜ、バゲットに適量を回し掛けていく

5 オーブントースターで2~3分加熱する

クックパッドを見てると、いろいろなガーリックトーストが紹介されてます。一応そちらを参考にしながら、ほぼ(笑)我流で作ってみました。

ヒントは、栗原はるみさんのレンジトマトソースでにんにくとたまねぎのみじん切りをオリーブオイルでチンするところから、得ました。ああ、これをバゲットにかければガーリックトーストになるな、と。

ダンナと一緒に昼食べましたが、おいしいと言って食べてくれました。私はいまひとつ(?)だったのですが。。。イタリアンのお店やベーカリーで、美味しいガーリックトーストってたまにお目にかかるじゃないですか。ああゆうのに比べたら絶対的に(笑)何かが足りないなあ、と思って。って、プロの味と比べちゃいけないですかね(笑)。でも、おいしさを極めたいというのも女心?!

でもダンナは褒めてくれましたよ(自画自賛ですいません)。私が「イマイチだったでしょ」と聞くと「いや、あれは間違いなくガーリックトーストだった」と言ってくれました。褒めてもらえると俄然作った甲斐があるというものですね。heart

--

ちなみにその日の夜はこの季節になっても鍋です(笑)。しかも、材料を買い忘れていて、豚肉(肩ロース)、水菜、えのき、という3種類しか入ってない鍋でした(爆)。水菜をいっぱい入れたので、とてもさっぱり。3種類の具材なので、とってもシンプル。(悪く言えば)手抜き。 最後に稲庭うどんを入れて食べました。こちらもさっぱり、するするとイケちゃいます。

ダンナも「これくらいさっぱりしてるのが(今の季節なら)いいなあ」と。豚肉は外国産の特売ものだったので、こんなものかという感じでしたが、シンプルな鍋もたまには(?)いいかもしれませんよ。味気ないっちゃー味気ないですが。。。それを言ったら元も子もないですねえ。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

新じゃがいもの肉じゃが

新じゃがいもで肉じゃがを作りました。かめきちパパさんの「丸ごと肉じゃが」からレシピを拝借しました。レシピはリンク先からどうぞ。

世間はGWまっただ中ですね~。みなさんいかがお過ごしですか?我が家は主人がGW中も自宅で仕事なので、通常通りです~(泣)。

さて、肉じゃがですが、、、

Dscn1814

はい、本当に普通の肉じゃがです。かめきちパパさんのレシピでは(おそらく)新じゃがを皮つきのまま使われているんですが、私も新じゃがだったんですけど、どうしても皮つきのままというのは抵抗があったので、、、単なる新じゃがの肉じゃがになってしまいました(笑)。

かめきちパパさんのレシピ通り作りましたよ。それにしても、かめきちパパさんの肉じゃが、いつも通り2人前なのかなあ?(笑)肉が300gとはさすがに多かったです(汗)。私はちょうど生協の牛肉のこま切れが270gあったので、そちらを使ってみました。それでも、大食漢の二人でも(笑)作ったら、余りました。ハハ。。(残った分は、今日のお昼にダンナに出しました)

レシピ通りですと、砂糖がけっこう入るのですが、私は肉じゃがはしょうゆ:みりん:砂糖=3:2:1と決めてるので、そちらはその通り作りました。

最後に、煮汁が少し残る程度まで強火で水気を飛ばすとあるので、今回そうしてみました。前回の肉じゃがとは違う点です(はあ、短いスパンで肉じゃが作ってるなあ…)。まだ水分が残ってるかな~と思ったんですが、じゃがいもが崩れ始めてきたので、慌てて火を止めました。それでも結果的には、水分の残り方もちょうどよかったのかな(?)と思います。

で、かめきちパパさん流ですと、最後にバターをトッピングします。今回、私もやってみましたよ~。

食べてみて、感想です。
肉じゃがのおいしさって、最後の水の飛ばし方にあるんじゃないか(??)と思いました。汁がカラカラになってしまってる部分より、汁がじゅわっと絡まってる部分の方がおいしいんですよね。今回より、もうちょっと早く火を止めれば、尚、いいのかな。そうすれば、お汁がちゃぷちゃぷであっさりした肉じゃがでもなく、よい具合に味がしみ込んだちょっと水気のある肉じゃがになる気がします。

バターは、正直、いらないかなあ。コクが出るかと期待したんですが、味に余り影響がないように思いました(>かめきちパパさん、正直すぎてすみません 汗)

やっぱり料理って何度も作ってみないと、上達しませんね。肉じゃがも、何度か作ってるから「今度はこうした方がいいかな」と分かるものですしね。

--
ダンナ、食べる前から「いい匂いがするな、肉じゃがらしい匂いがする」といつになく自発的に褒め言葉が。お皿に肉じゃがを盛ると「今日のはうまそうだなあ」と。こんなのめずらしいですよ??(爆)内心「そんな期待されてもなあ…」と思いましたが、食べてみて「うまい」と言ってくれました。その後も「うまいなあ」と連発してくれました~。私も「おいしいね」と。おいしかったです、はい。かめきちパパさんありがとうございます。食べ終わった後も「おいしかったね」と私が言うと「うん、うまかった」と満足そうに言ってました!やっぱり男性諸君には肉じゃが、受けるんでしょうかね??

ちなみに、何かの話のはずみに「タバコやめてよー、体にいい生活してよー」と言うと、「それなら肉じゃがにバター入れるようなことはやめろ」と言われてしまいました。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

サーモンソテー(マスタードソース)

サーモンソテー(マスタードソース)を作りました。レシピはかめきちパパさんからです。

Dscn1812

サーモン一切れで、さびしいですね(汗)。かめきちパパさんの画像と全然違う。かめきちパパさんのフォトだと、もっとサーモンがピンク色でボリュームもあり、きれいなんですが。。。

ぶっちゃけ、これ、けっこうカロリーあると思います(爆)。サーモンはたっぷりのバター、オリーブオイルでソテーし、ソースはベースがマヨネーズと生クリームですからね。

ソースは、マスタードと練り辛子をちゃんと入れましたが、ご覧の通り、生クリームとマヨネーズの白い色が勝ってます。かめきちパパさんの画像だとちゃんとマスタード色していて、食欲をそそるんですが……私のは白いままです。なんででしょうね?マスタードの違いかな?

それが、マスタードと言えば、キューピー(だったと思います)の瓶入りマスタードを、と思って探したのですが、なかったんです。仕方なしに、チューブ入りのやっすい、子供騙しみたいな(爆)マスタードを買いましたけど。。。そのせいかなあ??

あ、タイムは省略しました(汗)。ハーブとかって、いろんな食材に使わないであろうものは滅多に買わないのです。いつもながら、オカンで……すみません。

私がバカだったのですが、キャンベルのクラムチャウダー&コーンスープがたくさん残っていたのをたまたま発見し、「これはラクできる」と久しぶりに一緒に出したんです。よくよく考えてみたらこの組み合わせはカロリー高いですよねっっ。脂肪分摂り過ぎ~~(泣)。

料理ブロガーさん達は、キャンベルのスープなんて買わないでしょうね。。。ウチには大量に買い込んであるんですよ。いかに、今まで料理をサボってきたかこれで証明済みでしょう。。。(これからはスープも自分で作ろうね…)

でも何気にキャンベルのスープっておいしいので、捨てずに消化していくつもりです。。。(賞味期限長いし 笑)

サーモンソテーの感想ですが、さすがにたっぷりのバターで焼いたサーモンはおいしいです。ちょっと脂肪等が気になるところですが。。。マスタードソースは、マイルドな中にピリっとした辛さが。でも、基調はマイルドですね。ソースはおいしいので、食べすぎに注意です。ちなみにソースはたっぷりかけても、ちょっと多かったので、余りました。

ダンナに感想を聞くと「おいしいけど」って言ってました(自画自賛じゃなくて、いつものパターンです 笑)。「そんなに脂肪が気になるんなら、全部(脂肪分の材料の)量を半分にすればいい」とか言ってましたけど。。。そんな簡単に言われても、ねえ。

今度作るときは、もう少しバターとソースの量を少なくしてみようかな。。。少なくとも、バターの量は減らせるはず。

散々書いて本当にすみません(>かめきちパパさん)。でも、おいしいはおいしかったですよ!失敗もなく、バッチリできましたしね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »